【記事作成代行・外注のすゝめ】依頼先選定11個の成功の秘訣!

記事作成代行・外注の目的は、企業ごとに違いますが。注意すべきポイントや、押さえておくべきポイントは同じです。今回は、SEO対策相談所コンテンツマーケティングSEO対策視点から記事作成を外注するための成功の秘訣をまとめてご紹介します。

コンテンツマーケティング・SEO対策への理解

コンテンツマーケティングSEO対策を成功させるために作る記事は、ただテーマに沿って記事を作れば良いというものではありません。一昔前のように、記事の量産、コンテンツの大量投稿で上位表示することは出来ません。逆に、内容の薄いコンテンツやコピペと疑われるような記事を投稿してしまえば検索順位を大きく落としかねません。

記事作成を外注する際には、コストやクオリティは勿論ですが。コンテンツマーケティングやSEO対策についてどのくらい理解しているか?またSEOの最新の情報も十分に押さえているか。これは非常に重要なポイントになります。

pexels ron lach 7441383

WordPress(ワードプレス)での記事作成

WordPress(ワードプレス)は、コンテンツマーケティングやSEO対策にとって欠かせません。特に自社で開発チームや、SEO対策の専門部署を持たない中小企業や個人事業主にとってはSEOに必要な機能をプラグインですぐに実装できるWordPress(ワードプレス)は重要です。

記事作成を外注するならば、WordPress(ワードプレス)での投稿や編集管理も任せれる外注先に依頼することで余計な工数、作業を減らすことができより効率的な記事作成、コンテンツマーケティングが実施できます。

ヒアリングや提案は丁寧に行ってくれるか

記事作成を外注依頼する場合、まずライティング専門の業者や個人の相手側が信頼できるのかどうかを見極めなくてはいけません。その場合、打ち合わせ段階で綿密に話し合うことが重要となります。まずは、自社が求める記事の内容やどういったコンテンツを強化していきたいか、どのような層をターゲットとしているのかなどをしっかり伝えましょう。

その上で、さらに丁寧なヒアリングや提案を行ってくれるかどうかが見極めのポイントとなります。細かなヒアリングなどは面倒に感じてしまうかもしれませんが、信頼のおける相手であると判断できる貴重な材料にもなります。

実績のある会社やベテランの個人ライターは、こうした最初のヒアリングが非常に丁寧で、後々の修正や金額差異トラブルなどが少なくなり、常にスムーズなやり取りをすることが出来るでしょう。また、最適なプランや単価の提案などもしてくれるので、コストを抑えつつ効果的な記事が期待できます。

求める記事内容を理解しているか

記事作成代行で、特に心配なのが完成した記事内容の精度ではないでしょうか。いくら安く依頼することが出来てたり、お願いした納期よりも早く納品してもらえたとしても、内容が薄っぺらかったり魅力を感じられないようでは、折角プロの方に外注しても意味がありません。そうならないためにも、しっかりと求めている記事内容を伝えることが大切です。

適切に要望を伝えることを怠ってしまうと、後々、様々なトラブルを引き起こす要因にもなってしまいます。そうならないために、必ず伝えなければいけないこと、絶対に厳守してほしいことなどは、伝え忘れや曖昧な表現にならないためにも前もって準備しておくと安心です。

重点を置くべき内容は?

コンテンツマーケティングのために、自社でどういった部門に力を入れていきたいのか、どんな内容の記事をアップしていきたいのか、どんなユーザーに向けた内容なのかをしっかりと明確にする必要があります。例えば、ファッションやヘアスタイルなどの美容関連の記事では、これからチャレンジしたいという初心者向けなのか、元から自分で様々な情報を持っている人、いわば玄人向けの内容にしたいのかなど、ターゲットにしたいユーザーによっても記事の内容は異なります。

求める記事の内容の、最も重点を置くべきことをしっかりと相手側に伝えなければ、理想通りのものは見込めないでしょう。ふわっとした言い回しや曖昧なニュアンスではなく、はっきりと明確に示さなければいけません。また、細かな部分を伝えることにより、依頼された側からも様々な提案や記事内容の構成などの意見を出してくれる場合もありますので、まず何よりも自社でどんなものを作っていきたいのかを社員全員が共有することが大切です。

文章の書き方や文字数は?

求める記事の内容をはっきり伝えてあったとしても、全体的な構図はどうでしょうか?1記事当たりの文字数はどの程度に収めてほしい、文章には専門用語を多めに使用してほしいなど、こういった記事の書き方も重要なポイントの一つとなってくるでしょう。1記事のボリュームを伝えておかなければ、予想していたよりも文字数が大幅に多かったり少なかったりといったすれ違いが生じてしまいます。また、文章の書き方ひとつとっても、その種類は実に様々あります。

個人ブログのようなくだけた感じでフレンドリーさを醸し出すような内容がいいのか、新聞や情報雑誌などのようなかっちりとした雰囲気を出す文章にしたいのか、また、「ですます調」ではなく、「だ、である調」にしてほしいなど、こういった情報もしっかり伝えておきましょう。細かい部分にはなりますが、記事代行を依頼する場合、こうした小さな情報こそが求める記事を作成するために特に重要なポイントとなってきます。

スケジュール

記事作成代行・外注ではスケジュールの調整も大切なポイントの一つです。コンテンツマーケティングのためにも、記事代行依頼をお願いすると同時にやるべき作業や業務などは大量にあり、スケジュール調整通りに進めることが大切です。自社スケジュールと依頼先スケジュールの調整をしっかりと行い、すれ違いやズレなどが発生しないよう注意しましょう。

また、スケジュール調整をしっかりとたてるということは、依頼した相手のコミュニケーションスキルやビジネスマナーなどを確かめることもできます。スケジュール調整だけではなく、依頼に対する積極性、ミーティング準備など、様々な面を確認できるチャンスでもありますので、まずは依頼する前の打ち合わせを細かく丁寧に行う必要があります。

納期は?

まず依頼するうえではっきりさせておかなければいけないのが記事の納期です。どのくらいの期間で完了できるか、どの程度の進行スピードで行えるのか、他スケジュールとの兼ね合いはどうなるかなどを話し合い、明確な日付を決めましょう。こうしたはっきりとした情報は、相手側にこちらを信頼してもらうためにも特に必要です。

丸投げの姿勢や全て任せきりの体制では、自社に対する不信感を募らせてしまう場合もあります。記事代行依頼では、双方の信頼関係の下、共同で業務にあたることが大切です。そのためにも、こうした明確に決められる内容はしっかりとした日付を決め、おなじ目標に向けて進めていくようにしましょう。

修正があった場合は?

記事の納期内に納品された記事は、そのままアップできるとは限りません。完成度ももちろんですが、誤字脱字の確認、構成の確認など、細かなチェックが必須になります。そのため、納品後の修正があった場合の対応などもしっかりと話し合い決めておくことが重要です。修正も代行依頼先にお願いするのか、納品されたものは全て自社で修正するのかなどは、コスト面にも関わることなので必ずしっかりと明確に決めておきましょう。

また、代行先によっては、修正などを出さないためのチェック体制などを設けている場合があります。修正が発生した場合の明確な決まりや規定がある依頼先は、信頼できる相手と判断できるでしょう。無償範囲内の修正はどのようなものなのか、また有償の場合の費用の規定などは、作業に取り掛かる前にはっきりさせておきたいところです。

細かなコスト確認

細かなコストを確認するのは、何も修正のみに限ったことではありません。記事作成においてどの程度の範囲が代行で請け負ってくれるのか、また、依頼した文字数と完成品に差が出てしまう場合などもあるでしょう。トラブルが起きた時にその場で対応をするとなると、他業務にも支障が出て、時間もコストも大幅にかかってしまいます。

代行依頼の前にはっきりとこうした事を話し合い取り決めをしておけばこのようなトラブルはまずありませんが、絶対にないとは言えません。イレギュラーの事態が発生した場合にかかる費用などは気になるところです。こうしたことも、事前にしっかりと話し合い、双方が納得してから記事代行をお願いするようにしましょう。

料金形態の設定が細かく決められている

記事作成」といっても、一つの記事を製作するためには様々な工程が存在します。記事のテーマ、全体的な構成、タイトルや見出し、記事内容の執筆などになり、代行業者や個人ライターは、どこまでを作業範囲としているのかなどを細かく知る必要があります

例えば、記事のテーマは自社で決め、その内容に沿った構成やタイトルなどから任せる。テーマ、タイトル、見出しなどは全て自社で決め、そこに内容を執筆してもらうなど、依頼先により作業範囲は異なります。範囲内でのコスト、範囲外でのコストなど、かかる費用などは事前にしっかりと確認をし、見積もりなどをもらるのであれば必ず出してもらいましょう。

このように細かな設定を説明してもらえれば、価格交渉などもしやすくなり、コストを抑えた依頼が可能になります。平均的相場はあっても、記事代行は内容や専門性により大きく費用が異なります。項目ごとにある設定価格などを丁寧に説明してくれる会社やライターさんは、信頼できると思っていいでしょう。

指定文字数を超えた・足りなかった場合は?

記事作成代行を依頼し、納品された記事の文字数が指定よりも多かったり少ないといった場合も出てくるでしょう。こうした場合の対応についても、必ず事前に取り決めた方が安心です。基本的には1文字単価で記事の価格は決まるので、文字数が足りなければその分減額、また、多くなればその分価格はプラスになります。

しかし、依頼をするとき、ある程度1記事いくら以内でという要望を伝えておくと、極端に少なかったり多かったりといったトラブルは少なくなるでしょう。また、どうしても文字数が合わずに元の依頼内容と差異が出てしまう場合、納品前に依頼先から確認の連絡がくることもあります。その都度しっかりとミーティングを行うことで、理想通りの素晴らしい記事を納品してもらえるでしょう。

とにかくすべてにおいて事前の確認、話し合い、明確な提示が必要になります。時間もかかり手間に思ってしまうかもしれませんが、後々のトラブルや面倒な対処をなくすために、しっかりとお互いが納得したうえで業務にあたれるように心がけましょう。

SEO対策相談所の記事作成代行・外注について

SEO対策相談所記事作成代行サービスの、一番のウリは柔軟性です。同じ記事作成代行でも、1社1社クライアントごとに、ご要望とされるご依頼内容、ご予算は全く異なります。もちろん、決まったフレームでお付き合いをさせて頂くのが一番効率的ではありますが。

お客さまが要望される、結果やクオリティは、それぞれ異なります。そして、我々は成果や満足度を最大化させるためには顧客とサービス提供事業者というお付き合いではなく、事業パートナーという意識でお客様と長期的に渡りお取引、お付き合いさせて頂く事でより成果、結果にコミットできそれを最大化出来ると考えております。

ご予算について

記事作成代行・外注の文字単価は、1.65円(税込)~と業界で同じ条件では最安値かと思います。文字単価は、作成する記事の内容、納期、ボリュームなどにより異なるためテーマや要件をお伺いしお見積りをお作りさせて頂きます。

WordPress(ワードプレス)のカスタマイズも承ります。

SEO対策相談所では、コンテンツマーケティングコンテンツSEO記事作成代行にとどまらずWordPress(ワードプレス)のカスタマイズからオウンドメディアの構築まで承ります。

Leave a reply:

Your email address will not be published.

Site Footer