記事作成は外注すべき?社内で内製が良い?

記事作成について、お問い合わせや商談時に良く頂く質問ですが。『外注すべきなのか?もしくは社内で内製、インハウス化すべきなのか?』という点についてコンテンツマーケティングコンテンツSEOのため記事作成代行を長年行っているSEO対策相談所の大森がまとめてみました。

記事作成の外注・代行とは?

コンテンツマーケティングコンテンツSEOのため、オウンドメディア運営する中で特に重要なのが記事の執筆業務です。たかが記事と思われるかもしれませんが、検索エンジンからアクセスする最初の1ページ目、ランディングページでその企業、サービスイメージが決まります。

つまりどの記事も、会社を表す営業マンと変わりありません。そして、GoogleやYahoo!と言った検索エンジンでのランキング、検索順位もまた記事の質・クオリティで大きく左右されます。

記事作成は、ブログやメルマガ、会員情報誌など、ライティングが必要になる施策というのは様々あり、そのどれもが運営や集客には欠かすことのできないものとなっています。こんな時、記事作成を社内で全て製作するのか、専門の業者や個人のライターさんへ依頼して外注するのかという選択が出てきます。

記事作成の外注・代行は、いわばプロの方にお願いし、求める内容の記事を代わりに執筆してもらう事です。しかし、ただ丸投げすればいいという訳ではありません。双方の条件や納品までの期間、内容の精密度などを共有します。また、求める内容の記事を製作してほしい場合、依頼する側がどういった記事が必要か・ターゲット層や狙い目はどこかなどをはっきり明確にする必要があります。

pexels fauxels 3182750

依頼する側の提示する条件や内容がふわっとしていると、執筆する側は正確に求めているものを製作することはできません。そのため、記事が出来上がっても何か違う感じを覚えたり、薄っぺらな内容になってしまいます。

しっかりとこちらの意思を伝え、どんな記事にしたいか、どんな人に向けたものなのかを伝えることが大切です。こちらの要望をしっかりと伝えれば、それだけ制度の高い素晴らしい記事が出来上がるでしょう。

これは検索で上位表示される、されないではなく、記事を読んで頂いたユーザーにどのようなアクションを起こしてもらうかと言った点で重要になってきます。

コンテンツマーケティング強化に必要な記事作成

様々な執筆施策の中で、今特に必要とされているのがコンテンツマーケティングです。コンテンツマーケティングとは、ユーザー様にとって必要な情報やタメになる情報を発信し、流動的にサイトへ入りやすくすることで、最終的には顧客様として定着させるという方法です。ネット社会になった今、SNSや動画サイトなどで多くあるのが「広告」ですが、こういったものは嫌悪感を感じてしまう方も多くいらっしゃいます。

しかし、コンテンツマーケティングの場合、そうした広告とは違い自らが欲しい情報を収集しようとしている方に非常に強い効力があるため、集客力がとても高い方法になります。そのため、こうしたコンテンツマーケティングを強化していくためにも、精度の高い記事や魅力的な内容の記事は非常に重要な要素となってきます。また、コンテンツマーケティングはオウンドメディアとサテライトサイトという2つの種類が今中心となっている方法になります。

オウンドメディア

オウンドメディアとは、自社で発行しているパンフレットやカタログ、インターネットサイト、ブログなどのメディアの事を指します。ユーザー様に向けて様々な情報を発信しているオウンドメディアは、企業マーケティングの核となる媒体で、SNSなどと非常に相性が良いため今のネット時代に合った最適な手法として非常に注目されています。多くの人の目に留まる方法になりますので、内容の正確性やレア度などがカギとなります。

サテライトサイト

SEO対策、集客目的、ターゲット層の拡大のために立ち上げた本サイトとは別のサイトの事です。「衛星サイト」とも呼ばれています。中でも別ドメインで立ち上げたものや本サイトとの関連を隠したものなどをサテライトサイトと呼ぶことが多いです。サテライトサイトに本サイトのリンクを張ることで、本サイトの被リンクを増やすことが出来ますが、サテライトサイトの質が低い場合は集客見込みは上がりませんので内容が重要となります。

外注依頼のメリット・デメリット

コンテンツマーケティング強化のためには、記事の生産性を上げる事と同時に、内容のボリュームや魅力が重要となります。そのため、コンテンツマーケティングのために記事を外注に頼っている企業も少なくはありません。外注依頼をすることで多くのメリットを手にすることが出来ますが、同時にデメリットもついてきます。依頼をする前に、生じるメリット・デメリットをしっかりと把握しておくことが大切です。

メリット

  • 自社リソースを圧迫しない

記事作成を外注することにより、その分自社リソースを他業務に当てることが出来ます。そのため、執筆と同時進行でサイト設定の見直しや記事効果測定など、非常に効率よく作業をすることが出来ます。

  • コンスタントに記事アップが出来る

自社で記事作成を全て担う場合、他業務と併用しつつの執筆になるので、どうしても記事が完成するまでに時間がかかってしまいます。外注依頼すると大量の記事をコンスタントにアップすることが可能になり、スピード感を持ってコンテンツマーケティング強化をすることが出来ます。

  • 高いクオリティが期待できる

外注依頼先は記事執筆に長けたプロなので、様々な分野において専門性の高い内容が期待できます。また、SEOを意識した内容、高いクオリティも見込めるため、コンテンツマーケティング強化するためにも記事外注は非常に有効となります。

デメリット

  • コスト・手間がかかる

社内で製作ではなく外に依頼することになるため、その分コストがかかります。実績ある企業や個人ライターさんにお願いする場合、高いクオリティが見込める反面、相場よりも高くなる可能性があります。また、依頼先を探したり特徴や価格帯などを分析することも手間となります。

  • クオリティのバラつき

ライターによって経験や知識、スキルが違うため同じカテゴリの記事でも内容の専門性にばらつきが生じてしまったり、求める内容と若干のずれが出てしまう事があります。そうなると、修正やフィードバックに時間が必要となり、さらにコストがかかってしまう場合もあります。

  • 外注スキルが必要

記事作成を外注する場合、代行してくれる相手側にこちらが求める記事内容や納期の相談などを細かく打ち合わせする必要があります。また、場合によっては資料などを準備する必要もあるでしょう。そのため、求める内容をきちんと把握し、どのようなものを作ってもらいたいかというのを明確に説明することが大切です。

外注すべきかどうかの判断は?

コンテンツマーケティングに重要な記事作成は、すべて社内で製作すべきか外注に頼るべきか迷う場合も出てきます。コストがかかることがネックになったり、外注自体に信頼が置けないと感じる方もいるでしょう。しかし、やはり全てを社内のみで行うのには限度があるのが実情です。人が足りない、時間がない、専門知識に乏しいという場合は、外注した方がよりスムーズで確実と言えるでしょう。

また、それでもどうすべきか決めかねる場合は、まず一度外注と自社制作を両方行い、比べてみるのもいいかもしれません。そこでクオリティの違いや求める内容の精密性、コストの差、かかる時間などをよく比較し、どちらの方が自社に合っているかを吟味することで最適な方法を見つけることが出来るようになります。

企業によっては、社員の執筆スキルを上げるために自社制作と外注をうまく併用しているところも多くあります。外注先に全てをお任せするのではなく、上手に活用することで社員教育と同時にコンテンツマーケティング強化をすることが可能となります。外注した記事がどのようなものなのかを知ることも大切なので、まずは一度依頼してみるのもいいでしょう。

SEO対策相談所の記事作成代行・外注について

SEO対策相談所記事作成代行サービスの、一番のウリは柔軟性です。同じ記事作成代行でも、1社1社クライアントごとに、ご要望とされるご依頼内容、ご予算は全く異なります。もちろん、決まったフレームでお付き合いをさせて頂くのが一番効率的ではありますが。

お客さまが要望される、結果やクオリティは、それぞれ異なります。そして、我々は成果や満足度を最大化させるためには顧客とサービス提供事業者というお付き合いではなく、事業パートナーという意識でお客様と長期的に渡りお取引、お付き合いさせて頂く事でより成果、結果にコミットできそれを最大化出来ると考えております。

ご予算について

記事作成代行・外注の文字単価は、1.65円(税込)~と業界で同じ条件では最安値かと思います。文字単価は、作成する記事の内容、納期、ボリュームなどにより異なるためテーマや要件をお伺いしお見積りをお作りさせて頂きます。

WordPress(ワードプレス)のカスタマイズも承ります。

SEO対策相談所では、コンテンツマーケティングコンテンツSEO記事作成代行にとどまらずWordPress(ワードプレス)のカスタマイズからオウンドメディアの構築まで承ります。

Leave a reply:

Your email address will not be published.

Site Footer