【記事作成代行・外注のすゝめ】アウトソーシングでコンテンツマーケティング・コンテンツSEOを成功させる8つのPOINT!

コンテンツマーケティングをしたいけど記事作成のリソースが無い。。

SEO対策のための、記事作成を外注化したい。

これはSEO対策やコンテンツSEOを行う企業や個人が抱える辛辣な悩みです。しかし、記事作成を外注化することが初めての方にとって記事の品質・クオリティやコスト、スケジュール・納期と言った様々な心配が出てきます。

本記事では、SEO対策相談所がコンテンツSEOの観点から記事作成の外注、代行サービスをこれから利用する方に向けてどういった点に気を付けるべきかをご紹介します。合わせていかに外注のパフォーマンスを最大化させるかSEO対策にとっても効果的な記事作成とすることが出来るのかについても詳しく解説します。

記事作成代行・外注とは?

記事の外注、記事作成の代行といっても、依頼する内容は非常に幅広く実際に発注する際には何を目的としてどの作業をどこまで外注化するのか?といった要件を明確にしておく必要があります。これはSEO対策を行う際の『目的・目標(ゴール)の明確化』と同じで、明確にせずに発注し記事作成を開始してしまうと目的・目標(ゴール)を達成するための記事作成という戦術・戦略がいつの間にか目的かのようになってしまい迷走してしまいます。この後にご紹介する『目的に合わせた記事作成代行・外注選び』をチェック頂き是非良い外注先を選定頂ければと思います。

記事作成代行・外注の種類

記事作成の代行と一言で言っても、ウェブサイトなのか?LP(ランディングページ)なのか?ブログなのか?メルマガなのかと言った掲載される媒体のタイプとコンテンツマーケティング・コンテンツSEOと言った集客やリード獲得を目的とするのか。もしくはブランディングや商品・サービス価値を高めるための記事なのかと言ったその記事を作成することによって目指すゴールによりその種類も大きく異なります。

SEO対策にとって記事作成・コンテンツ制作の重要性

記事作成のリソースやノウハウが無いからと安易に外注代行サービスに丸投げをしようと思われている方は少しだけ冷静にそして、記事作成を外注化することで本当に結果が出るのかを検討して頂いた方が良いかもしれません。

ここから書く内容は、リソースが無いから、社内でノウハウないし面倒だから程度の意識で外注・記事作成代行を考えていらっしゃる方にとっては耳が痛い内容となるかもしれませんが。確実にホームページから売上、収益を得るためには必ず理解して頂く必要がある内容ですので目を通して頂ければと思います。

記事はSEO対策の要である

Googleの検索エンジンは既にBERT・人工知能の搭載により、一昔前のような小手先のキーワードの配置、キーワード出現比率と言ったホームページの内部対策で上位表示を許すような隙間がほぼ無くなりました。

そしてGoogleがもともとコンセプトとしている検索ユーザーにとっての価値の最大化を図るべくコアアルゴリズムのアップデートを定期的に繰り返しています。以下にGoogleが我々、web担当者に向けて紹介しているどういう記事を求めているかという”Googleウェブマスター向け公式ブログ”の情報を紹介します。

【引用元:Google公式ブログ】Google検索エンジンが推奨する記事・コンテンツ

  • あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
  • この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
  • サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
  • あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
  • この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
  • このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
  • この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
  • 同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
  • コンテンツはきちんと品質管理されているか?
  • この記事は物事の両面をとらえているか?
  • このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
  • 次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
  • コンテンツが外注などにより量産されている
  • 多くのサイトにコンテンツが分散されている
  • 記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
  • 健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
  • サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
  • 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  • 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
  • ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
  • 記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
  • 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
  • 記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
  • ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
  • このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

引用元:良質なサイトを作るためのアドバイス Googleウェブマスター向け公式ブログ

上記にある内容を踏まえて、アルゴリズムを構築していると明言されている事から言えるのはSEO対策=記事・コンテンツのクオリティであるともいえます。そして、注意頂きたいのがこの一文です。”コンテンツが外注などにより量産されている”、つまり明らかに内容が薄い。単純なリライトで価値が無い。そういった記事作成は、やればやるほど長期的には確実にGoogle空の評価は勿論ですが。検索ユーザーからもあのサイトは、、と見られると考える必要があります。

記事は営業マンとなる

ホームページ・ウェブサイトでコンテンツSEOをするメリットは、効率的でかつ効果的なリード獲得や成約・受注が出来る点ではないでしょうか?そのためには、他社には無い優れた記事・コンテンツが必要になる訳ですが。商品やサービスを販売する営業マンが必要なように、WEBマーケティングにおいては記事・コンテンツがその営業マンとなります。

売れる営業マンもいれば、そうでもない営業マンがいるように記事の質、会社の方向性と合致しているか?そして、何より営業マンは会社を映す鏡であると理解しておく必要があります。安くて、大量の記事を作成したとしてもそれは1円の価値も産まないどころかあまりにも質が悪ければSEO対策としても逆効果ですし、企業価値や企業イメージとしても悪い方に働いてしまうでしょう。

記事はブランド、会社を映す鏡である

少し大げさかもしれませんが。検索ユーザーの視点で考えて頂くと、上記の記事は”営業マンとなる”と同様にイメージして頂けると思いますが。文章の内容、構成、情報量など、細かい細部にまで会社の色や情熱が感じられる記事といかにもテンプレートのありきたりな文章が並ぶ記事。この2つを並べた際にどちらが良いかというのは一目瞭然だと思います。

コンテンツマーケティング・コンテンツSEOをする際に、キーワード選定や競合他社の分析と言ったテクニカルな面ばかりが注目されがちですが。検索ユーザーは勿論ですが。Google検索エンジンのアルゴリズム、クローラーもその中身は理解し評価される時代ですから過去の古いSEO対策のコンテンツ・記事を量産しておけばいいというものではありません。

そして、検索リテラシーも格段に上がり検索ユーザーも洗練されている今そのような記事やコンテンツをアップし続けるのはもしSEO対策に成功しGoogleの検索エンジンは誤魔化せても潜在顧客、見込み顧客である検索ユーザーの目は欺けません。

これらを踏まえて、記事作成代行・外注を行いましょう。間違っても『記事作成代行』や『記事作成 外注』などと言ったキーワードで検索してGoogleで1ページ目、2ページ目に来るからという理由だけで安易に発注することだけは避けましょう。それでは実際に記事作成代行・外注を選ぶ際のポイントや選び方、具体的なメリット、デメリット、避けたい失敗事例などの具体的なお話しを紹介していきたいと思います。

記事作成代行・外注する前に

記事作成を代行・外注する上で、必ず行って頂きたいのが目的の明確化です。記事作成をすることで何を目的・ゴールとするのか?そして、外注先である記事作成代行会社にどこまでの作業・タスクを任せ。どのタスクは必ず自社のスタッフで行うのか?と言った外注方針・指針と言ったものを明確にしておくことで予算、要件と言った重要なポイントについて外注先との打ち合わせもスムーズに進みやすくなります。

目的に合わせた記事作成代行・外注選び

記事作成はコンテンツSEOなどの、コンテンツマーケティングのためというケースが大半ですが。外注先の選定の前に、必ず記事作成、外注する目的・ゴールを明確にし理想はKPI設定も出来ているのが望ましいです。それでは実際に、記事作成代行・外注先を選定する際の選び方からご紹介したいと思います。

記事作成代行・外注先選定のポイントと選び方

リアルなコンテンツSEO、記事作成代行の現場を見てきた視点から結果を出すために優先度の高いものから順にご紹介します。

1.予算がマッチするか?

中小企業にとっては、資金こそが命です。

記事作成代行・外注の予算が最初なの?と思われるかもしれません。しかし、コンテンツSEOの性質とそれを行うタイムスケジュールからすれば予算は最も重要となります。目的の難易度、ウェブサイト・ホームページの状況にもよりますが。基本的に1年程度のタイムスケジュールで施策実施を腰を据えて行う事が重要となります。

今まで弊社が見てきたケースで、コンテンツSEO・SEO対策が戦略として機能していない上手くいっていないと思われるケースを振り返ると無理なタイムスケジュールで結果を求められておりそれを実行するSEO会社自体が難しいことを説明せずに施策を行っているケースが挙げられます。

この場合、プロである我々は難しいと理解出来ますが。日々のキャッシュフローを注視する中小企業の経営者、責任者からすれば出来るだけ短期間で結果を出したい、出してほしいと望むわけですが。ここでSEO対策以前に、双方の認識違いのひずみが産まれ依頼者とSEO対策会社の間での信頼関係が揺らぎ結果としてSEO対策自体も成果が出る前に終了してしまうという結果になります。

このような最悪で双方にとって不幸な結果にならないためにも、無理な短期での結果を求めるタイムスケジュールを組まずしっかりと1年程度での目的に対するタイムスケジュールを組む必要があります。そして、そのためには中小企業にとっては命ともいえる予算もそれに応じて設定が必要です。

もし1年というタイムスケジュールで考えた際に、イメージしている記事作成のペースが予算的に難しいという場合には自社でも記事作成を行うなどして、事前に記事作成代行の会社と相談をして取り組まれることをオススメ致します。

コンテンツSEO、コンテンツマーケティングで一番多い失敗は、取り組み自体を断念し継続しない事なんです。ですから予算策定と、自社の計画にフィットするコスト感である外注先を見つける事は非常に重要です。

2.SEO対策への理解度は十分か?

SEO対策について、理解していない場合は発注は検討した方が良いでしょう。

記事作成代行・外注を利用する目的がコンテンツSEO、SEO対策が目的であれば予算の次に重要になるのがSEO対策への理解と経験の深さです。作成した記事で、リード獲得やファンを獲得する事も重要ですが。それ以前に、まずは記事を出来るだけ多くの潜在、顕在、見込み顧客と言った人々に見てもらう必要があります。

ですので、専門性や記事のクオリティと言ったクリエイティブな面ばかりを気にして本質的な結果の部分を見失わないようにSEO対策について理解のある外注先であるかどうか?という事をしっかりと確認しましょう。

どうやってSEO対策への理解を確認する?

SEO対策の実績と言った、外注先のクライアントの事例を提示されることが多いと思いますが。基本的に成功事例しか見せないと思ってください。ですから成功事例や実績を見る事も大事ですが。それ以上に、2021年のSEO対策のトレンドやコアアルゴリズムのアップデートと言った旬な情報を把握しているか。理解しているか?と言ったSEOの最新トレンド情報のキャッチアップについて聞いてみる。

あとは記事作成をしてもらう上での、SEO対策についてのアドバイス・助言をもらえるかと言ったSEOについてのバックアップ体制も確認しておいた方が良いでしょう。ここで追加オプションを取られると言ったケースもありますので。。

3.会社は信頼に足る?

実績や価格だけではなく、会社もチェックする。

記事作成代行と言っても、ライティング専門の専業とする企業もあれば弊社のようにSEO対策を行いつつ記事作成代行もサービスの1つとして提供する兼業のスタイルがあります。どちらが良いかというのは一長一短あるため、難しいところですが。

求める結果、自社の戦略・予算等々からその会社が最適であるか?という観点から客観的にチェックする必要があります。記事作成の文字単価は非常に安いけど、SEO対策は全く出来ていないし理解していない。また逆に専門性は非常に高く、文字単価もそれなりに高額な部類で信頼できそうということで依頼したが結果としてSEO対策については全く分かっておらず記事を納品され終わりという事もよくある事です。

4.担当者はマッチしているか?

素晴らしい企業でも、担当者次第で成果が変わる可能性も。

これは上記の会社が信頼できるのか?と同じではありますが。記事作成代行やSEO対策といったプロジェクトにおいては、窓口として担当をするディレクターの力量で大きく結果が左右します。これはあってはならない事ですが。属人的なプロジェクトであるため、同じ会社に発注しているのに返ってきた成果物である記事のクオリティが違うというのは往々にしてあることです。

ですので、記事の外注先を探す際には依頼する企業の担当者が最後までディレクションしてくれるのか?そして、その担当者に任せても大丈夫であるかどうか?最低でもこれらについて、チェックしたうえでオーダーを行いましょう。信頼できる会社であっても、担当者が合わない、マッチしていないと思われる場合には辞めた方が良いでしょう。

5.目的・ゴールを共有し共感、共鳴出来ているか?

目的・ゴールを理解しているか。共感してくれるか?

記事作成代行や外注もSEO対策と同様に、目的・ゴールを明確にすることは既にご紹介しましたが。外注先の選定においても、この目的・ゴールについてどれだけ丁寧にしっかりと共有が出来るか。そして、それを外注先の担当者が理解できているかが重要になります。

当然ですが、同じ温度感で同じ情熱で目的・ゴールに向かって取り組むというのはあくまでも外注先となりますので非常に難しいところですが。最低限の目的・ゴールと目標設定、KPI、マイルストーンを設定し共有しておくことで記事作成のコンテンツ内部にその目的・ゴールを背景として落とし込んでもらうという事が可能になるかと思います。

ライターさんの力量に左右されるところではありますが。細かい細部の内容についても、その説明と共有があるのと無いのでは大きな精度の違いに現れてくるかと思います。勿論、そこまで細かくヒアリングしたうえで記事作成してくれるようなライターさん、外注さんはほとんどありませんので事前にドキュメントにしてまとめて置く事でよりスムーズに共有できるでしょう。

6.戦略と展開イメージを理解し記事作成に反映できるか?

戦略を理解した記事作成代行を出来るのか?

上記の目的・ゴールと似ていますが。こちらはその目的を達成するために、どのような戦略で記事を作成しメディア構築、運営していくかと言った展開、戦略について外注先である記事作成代行の会社が理解しそれを作成する記事・コンテンツに反映できているかという点です。理想は、ただ理解するだけではなく提案型で記事、コンテンツ、キーワード選定と言った細部に対して改善提案をしてくれるところであれば理想的です。

コンテンツSEOやコンテンツマーケティングについては、戦略性を持って実施と改善するというのは必ず必要になります。ですのでクライアントからヒアリングした目的・目標、指示に対して、完全に受け身で言われた通りにしか実施出来ないというのでは成果を出すのが中々厳しい局面が出てくるでしょう。契約前に、提案をしてくれるところなのか?改善が必要なシーンには、どのようなサポートが受けられるのかと言った点についても確認しておくといいでしょう。

7.記事品質・クオリティは大丈夫か?

記事品質を担保する体制、フローがあるか?

記事の品質は、SEO対策にとってもリード獲得しWEBマーケティングを成功させるためにも必要になります。SEO対策にとって必要な記事の品質は、コンテンツのオリジナリティであったり。ユーザーの検索意図(インテント)に合致する、網羅性等が挙げられます。最近のSEO対策では、検索ユーザーが検索したキーワードと検索意図が合致しているコンテンツ・記事が上位表示されるようになりました。これについては、別記事でGoogleの人工知能、Rank Brain(ランクブレイン)の記事でご紹介しております。

またユーザーに取って分かりやすい、見やすい記事というのもSEO対策にとって必要な要素となっておりユーザーエクスペリエンスと呼びますが。この観点からも、記事の誤字脱字チェックはもちろんのこと、校正・校閲と言った最低限の品質チェックは当然必要となります。

8.最適なライターがいるか?

自社のコンテンツに適した専門性のあるライターがいるか?

SEO対策に必要な記事・コンテンツは、高品質である必要がある事は既にご紹介しましたが。もう少し掘り下げるとExpertise(専門性)Authoritativeness(権威性)Trustworthiness(信頼性)という3つの指標で評価されることがGoogle公式でも好評されています。これらを総称して、EATと呼びます。

こちらは我々、SEO対策相談所のTwitterで先日ご紹介したGoogleが取得した特許ですが。つい先日、取得されたこちらの特許は誰が書いた記事・コンテンツなのか?という著者が誰かというのが分かるという仕組みの特許です。ツイートにも書いている通り、Googleの検索品質評価ガイドラインからも消えていた、著者についての情報が含まれるようになった事からよりSEO対策における重要性が増したと見られるためジャンルによっては特に専門性の高い著者による記事というのが必要になります。

とはいえ、SEOライティング・コンテンツSEOはまた別物です。素晴らしい権威ある方が書いた記事をよりSEO対策に最適化する。この作業によって、よりコンテンツSEOが強化されます。

関連記事

Leave a reply:

Your email address will not be published.

Site Footer