【記事作成代行・外注のすゝめ】5つのメリット・デメリット

Group 2

記事作成代行・外注は、自社にライターやSEO対策担当者を持たない中小企業にとっては非常に多くのメリットがあります。しかし、全てがメリットのみだというわけではありません。このコンテンツでは、記事作成代行・外注のメリットと注意しておくべきデメリットについても掘り下げてSEO対策相談所がご紹介致します。

この記事で得れる情報

この記事を読んで頂くことで、記事作成の代行や外注をうまく活用することで自社で足りないライティング、記事作成のリソースを確保しSEO対策やコンテンツSEOを加速させましょう。また上手く記事作成、ライティングのアウトソーシング化の体制が出来ればフリーランスのライターさんが非常に増えている令和時代の今は大きな強みとなり競合企業に差をつけることができます。

事作成代行・外注のメリット

マーケティングに専念できる。

コンテンツマーケティングコンテンツSEOを本格的に行うとなれば沢山の作業、タスクが発生します。やる前は、記事を書いて公開するだけだと思っていたけど、、、いざスタートして見るとキーワード選定は勿論ですが。記事構成、アクセス解析、過去記事のリライトなどなど。本気で結果を求めれば求めるほど、やることは尽きません。

そして、一般的な中小企業にとってはこれらの工程を満足にカバー出来るだけの人員と予算を用意することは到底不可能だといえます。それを解決するのが、記事作成の外注・アウトソーシングになります。以下にSEO対策コンテンツSEOの記事について専門性が必要といえどもある程度のマニュアル化、定量化し外部の人でも理解し作成できるようなタスクがあります。そのような作業は、可能な限りどんどん外部にアウトソーシングしていくことでよりマーケティングに専念出来る環境を作れます。

記事作成の安定と継続

記事作成の安定と継続は、SEO対策コンテンツSEOにとって非常に大事なポイントになります。なぜならば、記事の作成と公開を全て自社で行うケースでは忙しくない時であれば円滑に進みますが。これが繁忙期や、担当者が休みに入るなどした場合一気に停滞します。これを防ぐために、外部のアウトソーシングでも円滑に回る仕組みを用意しておく必要があります。

全体を見れば、外注・アウトソーシングなど困難だと思われるようなタスクでも非常に細かく、小さなタスクに細分化していけば実現することは可能です。勿論、それを行うコスト(金銭的、時間的)が発生しますが。長期戦略においては、必ず必要になります。その為、出来るだけ早い段階から社内と社外で記事作成のリソースを分散しておくことは賢明です。

外部の経験・ノウハウ・ナレッジを学べる

アウトソーシングで得れるのは記事作成やライティングのリソースが全てではありません、同じタスクや仕事でも会社や担当者ごとに細かい手順や方法が違ったりします。そこには会社や外注のライターさんごとに持っているノウハウやナレッジがあります。勿論、全てを共有してもらうというのは難しいかもしれませんが。どういう手順でやっているか、どのように行うのか学べる箇所も多いはずです。

外部のアウトソーシングに丸投げするだけではなく、その作業についての良い点についても知識、経験として学びつつそれらをナレッジとして集約・整理しノウハウとしてまとめることでアウトソーシングのマネジメントを含めたマニュアルも構築できます。

柔軟なキャッシュフロー・コストメリット

記事作成代行・外注のメリットについては、コスト面でも大きな利益があります。もちろん、ライティングの外注が上手く展開できている前提でのお話にはなりますが。これを自社で行うとなれば、ライターへの人件費、福利厚生、社会保険などの各種コストが固定費として毎月発生します。そして、社員やアルバイトとして雇用する際に即戦力で且つ素晴らしい記事を書くライターさんを雇用というのは中小企業では非現実的というのが求人市場のリアルな見解ではないでしょうか。

それに対して、記事作成代行・外注のケースではすでに一定レベルのスキル、センスを担保してもらうことも外注先の記事作成代行・外注会社次第では可能です。そして、ライティングの記事単位での支払いや文字単価での支払いなど。基本的には仕事のパフォーマンスに応じたコスト負担となるため、コンテンツSEOの計画に応じた変動費・変動コストとして投資することが可能となります。

特にコロナ禍の不安定な経済状況において、不用意なコスト計画は非常に危険なためキャッシュフローに柔軟性を持たせることは非常に重要となるため経営、特にコスト面でのメリットが大きいです。

コンテンツSEOにレバレッジ効果

コンテンツマーケティングコンテンツSEOと、2021年のSEO対策においては、検索意図(ユーザーインテント)が非常に重要なキーワードになるということは度々ご紹介しましたが。この検索意図を汲み取ることは、コンテンツ・記事のクオリティは勿論ですが。その情報量、ユーザーの検索背景を網羅するような記事を求められます。

これを自社で全て理解、網羅し記事作成するというのは、資金的にも人的リソースも限定的な中小企業にとって現実的には難しいのです。とはいえ、これらを怠ればいつまでたってもウェブマーケティングでのリード獲得、受注・成約、お問い合わせや来店と言った成果を得ることはできません。これを思案する今でも、すでに大手企業はこれを大量に予算と人員を投下し記事作成しています。

大手企業に対抗し、同じ戦略を取る必要はありませんが。少なくとも、彼らとバッティングするクエリは必ず出てくるため出来るだけコンテンツ投下のリソースは最大化できるのが理想的です。そこでキャッシュフローや、現在の体制を鑑みてコンテンツマーケティングコンテンツSEOに必要な記事作成を最適化、最大化できるベストな選択肢の1つが記事作成代行ではないでしょうか。

記事作成代行・外注のデメリット

david travis 5bYxXawHOQg unsplash 1 1

記事作成代行・外注はメリットばかりではありません。デメリットも御座います。自社の状況、ケースと今回ご紹介しているデメリットを照らし合わせて自社で内製化、インハウスで展開するのが良いのか?外注、アウトソーシングを上手く活用していくのか慎重に検討し判断下さい。

外注先の選定の難しさ

記事作成代行・外注に限ったお話しではありませんが。良い外注先を選定するというのは、非常に難易度が高く。実際に経験したことがある方であれば、ご理解頂けると思いますが。一度目のアウトソーシングで、ベストな外注先に出会うというのはかなりのレアケースだと言えるぐらい要求する要件を満たしてくれる、良いパフォーマンスを発揮してくれる外注先は中々無いと思った方が良いです。

それが故に、外注はしない。またはしたくないと考える方がいるのは、過去に大きな失敗を経験したためというケースが非常に多かったりします。しかし、これだけのリスク、デメリットがあっても記事作成を外注化することのメリットもまたある為どちらを選ぶのかというのは経営判断しなければなりませんが。自社のライターと、社外のフリーランサー・アウトソーシングも活用できる体制を用意しておくというのはこれからの中小企業にとっては大きな強みとなるでしょう。

コスト負担

記事作成を外注するのも、自社でライターを育成するのもどちらもコストが掛かりますが。コンテンツやメディアによっては、相応のコスト、文字単価がアウトソーシングするには必要になってきます。

その為、計画した想定以上のパフォーマンスを得れていないと感じた場合に外注費のコストは自社スタッフへ支払う給料とは全く見え方が違うため無駄な投資、コストに見えてくることによりコンテンツマーケティングコンテンツSEOというWEBマーケティング戦略自体に懐疑的になるという点がデメリットとして挙げられます。

記事作成する外注ライターの管理・マネジメント

外注先の選定と同様に、大きい工数がかかるのがc実際に経験された方であれば分かる!と思って頂けると思うのですが。記事作成をするライター・外注さんの管理の大変さです。勿論、ある程度のフローは既に決まっているためゼロからスタートするケースに比べればいくらか効率化が出来ていると思いますが。

それでも依頼時に丁寧に、マニュアルを用意し説明しやっと理解してもらったと思えば、、記事納品前で音信不通になったり、納期に対して大幅に遅れてしまったりと一定数のライターさんがいれば問題が発生します。他にも、記事のクオリティチェック、校正などライターさんを確保した後も色々と手間がかかります。

検索意図(ユーザーインテント)の反映

SEO対策のトレンドとして、日に日に増している”検索意図(ユーザーインテント)”を汲み取ったコンテンツ作りの重要性ですが。Googleの人工知能Rank Brain(ランクブレイン)BERT(バート)の搭載により最早、重要というよりも必須という位置づけに来ています。

検索意図(ユーザーインテント)については、カスタマージャーニーやペルソナを作ることである程度想定はされていると思いますが。実際のSEO対策、コンテンツSEOで1つ1つの記事にそれを落とし込めるかというとかなり難易度が高く。またプロであっても100%正解という事は難しいため、記事を外注する際にはSEO対策・上位対策に最適化した記事づくりの前にこの検索意図の分析などが必要になります。

ここまでくると、ライターや自社のWEBマーケティング担当者だけでは手が回らないという状況になるため記事の量産でPV、アクセス数を増やすことに目が向いたり。特定キーワードの上位化に固執したりと手段が目的となってしまいWEBマーケティング戦略が迷走する原因ともなります。

SEO対策の工数と手間

記事作成代行・外ライターは、ライティングの経験はあってもSEO対策については表面的な知識しか持っていない。または全くSEO対策についての、理解がないというケースが非常に多いです。この場合、記事の構成や見出しタイトル、コンテンツといった記事全体をSEO対策最適化が必要となります。

この最適化の作業だけ見ても、月間20記事、30記事とあれば相当な工数となる為記事作成代行・外注先のライターのSEOについての知識、経験を事前に確認しておく必要があります。調べずにオーダーしてしまえば、あとあとで無駄な修正や最悪の場合Googleからマイナスの評価を受けたりペナルティを受ける事になる可能性もあります。

SEO対策相談所の記事作成代行・外注サービス

SEO対策相談所では、記事作成代行・外のメリット・デメリットも長年の経験から理解しているためご相談頂く際にSEO対策や記事作成代行・外注の目的やゴールをヒアリングさせて頂きベストなプランをご提案させて頂いております。

2021年現在のSEO対策およびGoogle検索エンジンは、以前のように表面的な内部対策や外部対策のみ行っても効果は得られません。そして、内容が薄く、価値の無い記事コンテンツの大量作成、大量投稿を行っても長期的に見ればプラスになるどころか、マイナスにしかなり得ません。

コンテンツマーケティングコンテンツSEOを実施前、実施後のどちらのタイミングでも構いません。弊社では、お客様の状況に応じた最適なプランでのご提案をさせて頂きます。是非一度お問い合わせ下さい。

Leave a reply:

Your email address will not be published.

Site Footer