【記事作成代行・外注のすゝめ】クラウドソーシングで良いライターを集めるための秘訣10選

クラウドソーシング記事作成代行・外注ライターさんを見つけたい!

記事作成のリソースが足りないけど、クラウドソーシングってどうなの?

クラウドソーシングをこれから利用する方、記事作成コンテンツマーケティングのリソースが足りずに悩まれている方に向けてSEO対策相談所の大森がコスパの高い”クラウドソーシング”で良いライターさんを見つける、集めるための秘訣をご紹介します。

クラウドソーシングで優良ライターを探す

pexels tima miroshnichenko 5198264

高品質な記事を執筆してもらうためには、クラウドソーシングに登録している様々なライターの中から優良ライターを見つける必要があります。優良ライターを見つけるためには、スキルや経験はもちろん、人間性や仕事に対する姿勢なども考慮して選ぶ必要があるでしょう。優良ライターを見つけるためには何に注意すればいいのか、注意してみるべき部分はどこかなどポイントごとにご紹介いたします。

最適な優良ライターを見つけるポイント

自社にとっての優良なライターとは、いったいどういう人なのか?具体的な目的と要件をまずは明確にしておく必要があります。

  • 専門的スキルを有する方なのか?
  • 経験豊富な方なのか?
  • 作業時間を多く確保できる方なのか?

など、どこを重点とするかにより優良ライターの種類も異なります。まずは自社が求める元も重要視する部分をしっかりと決め、依頼内容や条件などを決めましょう。まずは自社内で求めるライターがどんな方なのかをはっきりさせることが、優良ライターを見つけるための最大の近道となります。

明確な業務内容・単価提示

  • 報酬、文字単価は相場を確認し、目的や依頼内容で決める。
  • 仕事の内容は、曖昧にせずより具体的で分かりやすく。そして詳しく記載し募集する

クラウドソーシングで業務依頼を行う際、どのような作業を行ってほしいのか、どんな記事を作ってほしいのかなど、詳しい仕事内容を記載する必要があります。ライターはその内容が自分にできるのかどうかを吟味した上で応募を決めます。

曖昧な表現であったり、はっきりとした業務内容などの記載がないと、ライターは判断が出来ず応募をためらってしまうでしょう。そのため、必ず依頼をしたい業務の詳しい記載をし、ライターがどんな仕事なのか把握できるように気をつけましょう。

また、依頼に対する報酬額なども注意が必要です。クラウドソーシングでは、平均的に1文字0.5円~という相場となっていますが、内容にやスキルにより適切な報酬額は変動します。専門性の高い知識が必要な場合は、相場よりも高めな設定が必要となります。

また、依頼内容によっては、文字単価ではなく1記事ごとの金額設定にするということもあるかもしれません。報酬額が高すぎてはコストばかりかかってしまいますし、安すぎても優良ライターの応募は見込めません。しっかりと平均価格などを加味した適切な料金設定が重要となってきます。

「自己紹介文」確認

  • 自己紹介文は、経験・スキル・実績だけじゃなくライターとしての力量も見れる。※ただし文字単価や募集金額が低いと紹介文などない場合がありますので、募集要項に必須項目を書いておきましょう。
  • 紹介文のみで判断せず、メッセージ、チャット、オンラインでの面談なども可能であれば行う。

クラウドソーシングでは、ライターの自己紹介文などを確認することが可能です。これまでの実績やライターとしての経験値、過去の職種や学歴など、様々な情報を記載してくれている方が多くいます。こうした自己紹介文を記載するのは、ライターにとっては少々手間になりますが、企業から選びやすくされるためにとても大切です。企業としても、こうした自己紹介文が記載のない方とある方では、判断のしやすさが全く変わるでしょう。

企業に選んでもらいやすくするために、多くの方は自己紹介文にたくさんの情報を記載してくれています。しかし中には選びやすくされるために、嘘の情報を記載している方もいます。全てを信じることがいいとは決して言えませんが、ほとんどの方はしっかりとした実績や得意ジャンルなど、自分のアピールポイントを正しく掲載してくれているので、応募者のこうした自己紹介文はしっかりと確認を行ってください。

応募動機などの記載

  • 応募動機でその人のモチベーションや目的をチェックする。
  • 長く取引出来るライターさんは、共感できる、目的を共有できそうな方を選ぶのがベスト。

業務依頼をクラウドソーシングに掲載する場合、応募動機の記載をお願いできます。自分の得意ジャンルだからこそぜひ仕事をしたいと思い応募した方、ライターの経験はあるけどこれまでやったことのない新しいジャンルだから挑戦したい。

また、ライターの経験はないけれど自分の経験値を高めるために仕事に応募した、など、人によりその応募動機は様々あり、優良ライターとして採用できるかどうか、この応募動機は非常に重要です。

依頼した内容の通りに記事執筆をしてくれるかどうかはもちろんですが、自分の応募動機を分かりやすく説明できる文章力があるかなども判断できます。また、「一日当たりの作業可能時間」「業務開始日」などに対する返答を応募の際にお願いすることが出来ます。

こうした項目が記載されているかどうかで、依頼内容や条件をライターがよく読んでいるか分かるでしょう。なぜ応募したかだけでなく、ライターの文章力、内容確認を怠らずしっかりと読むなど、基本的な部分を確認することが出来ます。

コンテンツマーケティングの記事作成のために募集するライターさんであれば、短期間でのお付き合いではなく半年、1年と一緒に取り組みが出来る方を募集するのが理想的です。それも踏まえて応募動機は、必ず募集する際にもらうようにしましょう。

副業?本業?

  • 初めてのクラウドソーシングであれば、副業での応募の方は避けた方が無難。
  • チームやプロジェクトにより、副業の方も積極的に採用するのは◎。

依頼した業務を本業とは別に副業として作業をするのか、ライターとして受注した仕事を本業として進めるのかにより、自社にとって優良ライターかどうかを判断することもあるでしょう。短期間で大量に記事執筆をお願いしたい場合、副業として応募した方では条件が一致しません。

逆に余裕を持った業務計画であれば、一日の作業時間が短くてもやる気がある真摯に取り組んでくれる方ならば、しっかりとした品質の高い記事作成が可能となります。

スピード重視での案件依頼の場合、副業として作業を行うライターに依頼をしてしまうと、限られた時間内でのみの業務になるため、質の低下や内容ボリュームの少なさなどが目立ってしまうでしょう。

依頼する案件に対してライターが作業を行う時間の量も、自社にとって優良なライターかどうかを判断する貴重な材料となります。まずは居合をお願いする前に、こうした事もしっかりと確認を行い、求めている人材なのかどうかをしっかりと見極めてください。

弊社が利用したクラウドソーシングの経験から、最初のオーダーは出来るだけ本業としてライターをしている方。もしくは、専業主婦や本業を持っていない方に依頼する事を推奨いたします。やはり業務時間が合わない、コミュニケーションが不足するというのは確実にパフォーマンスが落ちるケースが多く。

本業とクラウドソーシングの仕事では、どちらに比重がいくか?当然ですが、本業が忙しくなれば対応出来ませんとなります。勿論、全てのクラウドワーカーや副業の方に当てはまる事ではありませんが。やはり業務完了せずに、途中で業務終了の相談が入るというのが多くのケースで見受けられます。

とはいえ、本業を持ちながらプロの編集者やライティング専門企業に勤めるライターさんなどもいらっしゃるのでタスクを細分化し管理し遂行できる場合には副業の方も積極的に採用しチーム組成するのが良いケースもありますので、自社のプロジェクトや状況に応じて検討と選択が必要になります。

SNSを活用

pexels plann 4549408
  • SNSもライターさんの実力を測る1つのものさしになる。
  • プロジェクトによっては、募集要項にSNS運用の経験やアカウントの有無も確認

クラウドソーシングを利用しているライターの中には、プロとしてフリーランスのライター活動をされている方も在籍しています。その多くは、自身のSNSなどで仕事の依頼を受けている場合なども多くあるでしょう。

応募メッセージにSNSのページリンクを添付してくれる方もいます。SNSでの紹介文や過去実績の掲載などは、クラウドソーシング内の自己紹介などよりも多くの情報が記載されていることが多く、どんな人なのか、これまでどのような仕事を請け負ってきたのかなどを確認することが出来るでしょう。

スキルや経験値が高いライターであっても、自社が求めている理想の人材と合致しなければ優良ライターとは言えません。このようなSNSなどを有効的に活用することも、最も適したライターを見つけ出すためにとても大切です。

フォロー数や投稿内容などから、そのライターの人となりを知ることにもつながるでしょう。IT化が進んだ情報社会の現代では、こうした個人のSNSは貴重な情報源となります。可能であれば、プロのフリーランスライターの方にはこうしたSNSページの提供をお願いしてみましょう。

経験の有無

  • 経験や実績でのジャッジに偏重せず、自社のプロジェクトや状況にフィットするかを最優先する。
  • 長期のプロジェクトであれば、あるほどライターさんの人となりも重要となる。

優良ライター = 経験のあるプロのライター」という訳ではありません。もちろん経験値の高い方や、これまでにライターとして多くの記事を執筆された方の方が安心感がありますので、企業としては依頼しやすいでしょう。

しかし、ライターと企業の相性などもあるため、一概に経験者がいいという事にはなりません。プロライターとして活動されている方の中には、こだわりが強すぎて「扱いにくい」「変わり者」と感じる方もいます。

自身のこだわりがあり、プライドを持って仕事をこなすことはとても素晴らしい事ですが、必ずしもそれが優良ライターか、というのはまた別の問題です。オリジナリティがある記事製作をお願いしたい、指示した通りの記事作成を依頼したいなど、企業により記事の方向性なども様々です。

未経験の方や初心者の方ならではの視点が活きるような依頼案件などもあるでしょう。そのため、経験やスキルだけで判断するのではなく、人としてどんな方なのか、という点がとても大切となってくるでしょう。

ライターのコミュニケーション力

  • 記事作成は、スキル・経験だけじゃありません。意図を汲み取る、目的や要件を理解するコミュニケーションも重要になります。
  • 副業ではなく、専業を推奨するのもコミュニケーションが密に取れる。取りやすいためです。

クラウドソーシング優良ライターを見つけるためには、経験やスキルだけを重視すると失敗するリスクが大きくなります。クラウドソーシングを利用して業務依頼を行う場合、依頼した後の意思の疎通や意見交換などのディスカッションが非常に重要となってくるため、特定のスキルや知識だけを見て判断することはできません。スキルや経験値の高いプロの方の中には、クリエイター気質が強い方もいるため、自分の感性で記事作成を進める場合があるでしょう。

オリジナリティ重視で新しさを求める記事作成の依頼を行った場合は「優良ライター」として感じることが出来るかもしれませんが、逆に言えば、指示通りの執筆ではなく勝手に内容の方向性や構成などを変えてしまうといった問題も発生してしまいます。

作成内容の細かな説明や求めるクオリティなどを理解できる、基本的なコミュニケーション能力があるかどうかをしっかり見極めて下さい。ここをしっかりとしておけば、後々のイレギュラーなトラブルなども回避することが出来るでしょう。

コンスタントな連絡

  • コミュニケーションが円滑、スピーディに出来るかどうか?
  • やり取りするための、連絡ツール、チャットなどは依頼前に確認が必要です。

前述のコミュニケーション力に通じる部分にはなりますが、コンスタントなやりとりもまた、優良ライターとしての重要な要素となります。また、連絡速度などは依頼した側にとっても注意すべき点となるでしょう。

コンスタントに連絡を取ることが出来なければ、業務の進み具合の把握、内容修正の説明など、必要連絡が滞り業務全体のスピードも落ちてしまいます。また、ライターの連絡に何の問題はなくても、応える企業側の返答が遅かったりすると、ライターからの信用が落ちてしまうでしょう。

そうなると、スムーズな進行が不可能になり、ライターは仕事を途中でやめてしまう場合なども出てきます。また、クラウドソーシングのサイト内でライターが企業を評価する際に、連絡が遅いなどという低評価をつけられると、他ライターからも警戒されてしまうかもしれません。

基本的に全てがWeb上で完結するクラウドソーシングですので、こうした連絡事項のやり取りなどは非常に重要です。ライターに全てを望むのではなく、依頼する企業側の万全のサポート体制を整えなければ優良ライターとのマッチングはありません。

テストライティング

  • テストライティングは、ライターの力量だけでじゃなく、執筆のペース、コミュニケーション、理解度、記事のテイストなど様々な事を確認出来るため出来るだけ実施しましょう。
  • 依頼する案件やプロジェクトごとに、テストの内容、方針は調整しましょう。

本格的に依頼をする前に、ライターのレベルを測るテストを行いましょう。記事形式のテストを行うことで、ライターの執筆速度や言葉の使い方、文章構成のバランスなど、様々な部分を確認することが出来ます。実際の記事を作成してもらうことにより、自己紹介やアピールだけでは見えないようなところまでしっかりと知ることが出来るでしょう。

やり方は大きく分けて2通りになり、タイトルや内容のみを伝え自由に作成してもらう方法・タイトルなどはもちろん、文字数や全体のボリューム、使用すべきキーワードの盛り込み方など、細かな指示を出したテスト方法となります。

どちらの作成方法が最適かは依頼する案件などにより変わるでしょう。また、様々な記事案件をテストとして行うことで、よりライターの質が分かるようになります。人により得意な書き方があったり、また、記事作成をする際の癖などもあるかもしれません。

非常に細かな部分にはなりますが、テストライティングを行うことにより自社の依頼する内容に合ったライターなのか、本来のスキルや能力はどの程度なのかを明確にすることが出来るでしょう。

フィードバックに対する反応

  • フィードバックによる対応で、ライターの反応から依頼時にも真摯に取り組んで貰えるかをチェックする。
  • 仕事に対する取り組み方や、考え方をフィードバックのコミュニケーションから確認する。

テストライティングや実際の案件を作成してもらったあと、継続して案件依頼をする場合は企業はしっかりとしたフィードバックをする必要があります。また、修正すべき部分なども出てくる場合があるでしょう。

しかし、このフィードバックを行って次の案件を依頼しようとしても、そこで途中放棄してしまうライターも存在します。フィードバックの内容は、特に修正や改善点などを盛り込んで伝えるため、あまりいい気がしないというのが本心でしょう。

こうした反応も、ライターの人間性を判断する材料になります。フィードバックの内容を真摯に受け止めてくれる方ならば、安心して継続的に依頼を行えますが、こうした事に反発したりトラブルの元となるような態度をとる方も少なからずいるのが実情です。

前述したような「高いスキルを有するプロだがクリエイター気質でこだわりが大きい方」によく見られます。こうした事は一度依頼を行わないと分かりません。そのため、まずはテストを行いわざと修正や改善を多く盛り込んだ内容をフィードバックをし、どんな受け止め方をするかを確認しましょう。

ライティングスキルのみで判断できない

このように、優良ライターをしっかりと見極めるためには、ライティングのスキルだけではとても判断できません。逆に、こうしたスキルのみを重視した方が優良ライターとのマッチングは遠のいてしまいます。

確かにライティングのスキルは必要ですが、それだけに固執してしまうと、ライター選別で失敗してしまう事もあるでしょう。まずは信頼できるライターなのかどうかをしっかりと見極め、そこから求めるスキルや専門性、経験値などを考慮して選ぶことが大切です。

また、未経験や初心者のライターの場合、これまでの経験がないということが強みになる場合もあります。継続的な案件依頼を考えている企業では、余裕を持った業務計画を立てることで、記事作成と共にこうした初心者のライターを自社に見合ったライターへと育成することもできます。

こういった場合は、ライターとやり取りをしながら記事作成をサポートする体制が必要となります。最初は細かな指示などが手間になってしまいますが、長い目で見れば非常に有効でしょう。

クラウドソーシング優良ライターを見つけることが出来れば、業務全体の進行スピードも上がり企業のレベルもよりアップします。そのためにもまず、企業側の下準備や的確な内容提示、適正な報酬金額など、ライターが応募しやすいよう分かりやすい業務内容を掲載するようにしましょう。

企業側がしっかりとした内容提示を行うことで、ライターも企業を信頼してくれるため、必然的に多くの応募が集まるようになるでしょう。

Leave a reply:

Your email address will not be published.

Site Footer