【記事作成代行・外注のすゝめ】コンテンツマーケティングを成功させる”優秀なライター”10個のポイント

コンテンツマーケティングを始めたけど、良いライターの見つけ方を知りたい。

優秀なライターを見分ける方法、ポイントを知りたい。

コンテンツマーケティングを成功させるために、必要な条件の1つである”優秀なライター”ですが。優秀なライターが見つかれば、コンテンツマーケティングで沢山のリード獲得、集客、お問い合わせ、資料請求が生まれるわけではありません。

コンテンツマーケティング優秀なライター=素晴らしい記事、コンテンツ作成が出来る人。というイメージを持たれている方がかなり多いです。それは一見、正解でもありますが、そこに固執すると大抵失敗してしまいます。

今回は、”優秀なライター”を見極め記事作成のパフォーマンスを最大化しコンテンツマーケティングを成功させる10個のポイントを具体的に紹介します。

クラウドソーシングで選ぶライターとは?

クラウドソーシングでは多くのライターが登録しており、プロ級の腕前から未経験・初心者の経験や知識の浅い方まで様々な方がいます。自社の目的に合わせ最適なライターを選ぶ必要があり、記事執筆が出来れば誰でもいいという訳ではありません。記事の内容よりも作成数を重視するのか、専門性の高さを重点的に強化していくかなどにより、選ぶべきライターのレベルやスキルなども変わってくるでしょう。

クラウドソーシンで選ぶライターは、自社の社員とは違い外注依頼となるために、様々な規約の説明、条件の提示など、依頼業務を始める前に必要な手順などがいくつもあります。また、クラウドソーシングライターとして登録している方は多くが副業や隙間時間の作業となるため、フル稼働は可能なのか、平日や土日などのスケジュールや一日どのくらいの時間を作業時間として費やすことが出来るのかなども、最適なライターを見つける判断材料の一つとなります。

優秀なライターを見つけるだけでは成功しない

pexels ketut subiyanto 4132326

コンテンツマーケティングを行っている様々な企業がこうしたフリーライターなどに記事執筆代行を依頼していますが、全てにおいて成功を収める企業は実は多くはありません。多くの方がクラウドソーシングでの記事作成代行の依頼で失敗する理由の一つに「とにかく優秀なライターを見つければ大丈夫」と思ってる点があります。確かに経験のない方や初心者でノウハウもない方に比べれば、優秀な方の方が安心感もあり、業務遂行のためにはそうした方を選びたくなるのも必然でしょう。

しかし、クラウドソーシンで自社にピッタリの優秀なライターを見つけるのは難しく、また、レベルやスキルの高い方を見つけても必ず成功するわけではありません。なぜ優秀なだけではだめなのか、ライターや自社の問題点は一体何なの、本当に気を付けるべきことはどこにあるのかなどを詳しくご紹介いたします。

すべてクリアすれば必ず成功するという訳ではなく、実際はこれ以上に細かな部分でのすり合わせが必須となりますが、以下のポイントは最低限注意すべき項目となりますので、ぜひご参考下さい。

本当に信頼できる相手か見極める

まずライターを選ぶうえで一番重要視しなければいけないのは、本当にそのライターが信頼できる相手かどうかしっかりと見極めることです。クラウドソーシングでは、依頼発注・応募・受注と全てネット上で完結させます。

そのため、実際にライターにお会いする機会というのは滅多にありません。対面する機会はほとんどないと言っても過言ではないでしょう。会社への応募面接などでは、実際にお会いした上で話をすることで、第一印象や話し方などが判断材料の一つとなりますが、クラウドソーシンでの業務依頼はそういったことはできません。

こうした事からも、応募されてきたライターが本当に信頼できる相手なのか、業務を依頼しても問題はないのかなど、少ない情報からその相手を見極めるスキルが非常に重要となってきます。ライターの中には、記事作成に必要な企業の機密情報などを流用してしまうような悪質なライターもいる場合があります。そうした情報やプロジェクトに関する内容などを含め、会社を守るためにもしっかりとた見極めをし、少しでも不安がある場合は避けた方がいいかもしれません。

実績が不透明

クラウドソーシンに登録しているライターさんは、これまでの実績や得意ジャンルなどを細かく掲載されている方もいらっしゃいます。こうしたプロフィールの充実具合も、ライター選別の貴重な判断材料となるでしょう。しかし残念なことに、こうした過去の実績や専門的なスキル、これまでの経験などを詐称している方がいるのも実情です。一般ライター以上の実績や専門スキルなどは、それだけで企業から重宝されますし、平均よりも単価が高くなります。

そのため、企業の目に留まりやすいよう、稼ぐために単価を上げて依頼を行えるようにとウソの経歴や実績を掲載している方もいらっしゃいます。もちろんすべてのライターがこうというわけではなく、自身のプロフィールを正確に記載している方がほとんどです。

ですが、こうした詐称されたプロフィールを判断するのは非常に難しいため、記事作成代行をお願いしてから発覚するというケースも多くあります。申告されているプロフィールや実績は、重要な判断材料になる反面、偽った経歴であってもそれを証明する術はないため、とても難しい問題となっています。

「仕事」に対する姿勢・責任感

普通の社員などとは違い、クラウドソーシンでの依頼は個人のライターにお願いするという形になりますので、業務に対する姿勢や考え方、仕事としての責任感などは人により変わります。多くの方が、責任感を持って期日通りの納品をしてくれますが、中には仕事としての責任感を持たずに作業を行う方もいます。

そうした方は、期日を守らなかったり連絡が遅く意思疎通が難しかったりと、様々な場面でいい加減さが目立つでしょう。しかし、これらもまた依頼前には見抜けないという事がほとんどです。

発注をするかどうかの前段階では、仕事に対する姿勢が非常にまっすぐで信頼のおけそうな方であっても、実際依頼をお願いしたら、片手間作業になり進行度も予定より大幅に遅く、連絡が途絶えてしまったりといったケースも非常に多く報告されています。

こうした方は、「仕事を受けた」という認識が甘かったり、責任感のない作業姿勢で依頼を受注します。こうした問題は、企業勤めの社員などではまずありえないクラウドソーシン特有の問題となっています。

ライターのスケジュール

クラウドソーシングに登録されている方は、フル稼働できる方も在籍していますが、半数以上の方は本業とは別に副業として業務を行ったり、専業主婦で子育てしながら隙間時間に作業を行うという方が多くいらっしゃいます。もちろん、クラウドソーシングで生計を立てて、普通の会社員以上の時間を業務に充てている方もいらっしゃいますが、そうした方は全体の数十%程度でしょう。多くが副業や隙間時間の作業といった方がほとんどです。

そのため、はっきりとしたスケジュール管理が出来ないという問題が発生してしまいます。あらかじめある程度のスケジュールを確認していても、本業の方が忙しくなり、クラウドソーシングで受けた依頼に割く時間が減ってしまったという事もあるでしょう。

また、主婦の方は子供の世話や家事をこなしながらのスケジュールとなるので、その日その日で大きく予定が変わってきます。急ぎの発注や納品期日までの日が短い案件の場合は、大幅に遅れてしまう場合もあるでしょう。依頼発注を行う際は、余裕をもって長めの期日で依頼を行うといいでしょう。

コミュニケーション力

pexels diva plavalaguna 6150520

クラウドソーシングの発注依頼から契約、納品、修正やフィードバックなど、全てにおいてWeb上で完結します。そのため、双方のコミュニケーション力というのが非常に大切になってきます。必要事項の連絡や、記事作成代行途中の疑問点や依頼追加、その他完成後のフィードバックなども全てWeb上で行うため、実際にお会いしてという事はありません。電子メールやチャットなどでやり取りを行うので、スムーズな意思疎通のためにはコミュニケーション力が不可欠です。

また、コミュニケーション力には物事を伝えるスキルや受ける側の読解力なども含まれます。コミュニケーション力が不足していると、お互いの意思疎通が難しく、作業をするうえで様々な弊害が出てしまうでしょう。

また、疑問に思ったことや確認事項などをしっかりと共有することで、認識の違いやズレをなくす必要があります。求めた通りの高品質な記事を完成させるためには、お互いの目指す場所を同じにしなくてはいけません。双方で納得いく様に記事作成代行依頼を進めるためにも、コミュニケーション力は必ず必要となってきます。

報酬の単価は適切か?

クラウドソーシングでは、依頼内容や期日だけでなく単価も自社で決めることが出来ます。基本的に記事作成などの依頼は1文字単価で集計され、記事のボリュームや専門性の高さでその単価は変わります。また、完成後の記事の品質などでも大きく左右されるでしょう。

依頼するライターのスキルや経験値などによっても変動がありますが、クラウドソーシングでの記事の執筆代行依頼の平均価格は1文字0.5~1.5円前後となっています。企業としては、なるべく安く記事の代行依頼をお願いしたいというのが本心ではないでしょうか。

コストを安く抑えつつ、大量の記事作成や高品質な内容の記事を作り出すことが一番の理想でしょう。しかし、コスト削減を重視しすぎて、文字単価の価格を低く設定しすぎると、専門的スキルを持ったライターの応募はほとんどありませんし、依頼に対しての応募数自体も非常に少なくなってしまいます。

クラウドソーシングサイトによっては、1文字0.5円以下の場合「平均単価よりも低い案件」と表示される事があり、登録ライターから見ると魅力の低い依頼となります。自社で発注依頼をする案件の文字単価が適切かどうかをしっかり精査する必要があるでしょう。

記事作成の「要件定義」は完璧か?

クラウドソーシングサイトには、初心者の方やライティングが未経験の方なども在籍しています。また、IT関連の知識の乏しい方などもいるため、代行依頼をする場合、一人一人のスキルや知識によって異なる作成記事の「ガイドライン」が必要となってくるでしょう。また、ライターとしての経験のある方であっても、求める記事の完成度をより高めるためにも、詳細な「要件定義」やレギュレーションの存在が非常に重要となります。

記事の内容やターゲット層、およその文字数などはもちろんの事、盛り込みたいキーワードや見出し、タイトルなど、細かな部分に至るまで丁寧な設計図が必要です。様々な依頼をこれまでに受けた経験者の方であっても、企業により記事の方向性や形などは様々です。自社の作りたい記事はどのようなものなのかを明確にしなければ、折角依頼を行っても理想通りのものは完成しないでしょう。

サポート・修正体制は?

記事作成代行を依頼し、細かく丁寧なレギュレーションやガイドラインを渡しても、それで安心はできません。設計図に記載した以上に細かな部分などは、記事作成を進めていかなければ分からない部分や見えない点などが多く出てきます。

そうした場合のサポート体制、また、記事作成完了後の修正体制などは一度見直してみて下さい。常に的確な指示を与えることが出来るでしょうか。修正依頼をした際の単価に変動はあるでしょうか。また、画像選定などもセットとして依頼する場合は、画像をどのように探せばいいのかなども必要となってきます。

こうしたサポート体制がしっかり機能していなければ、高いスキルを有しているライターにお願いしても望む記事は手に入らないでしょう。それでは非常に勿体ないです。また、経験のない方であれば設計図とサポート体制をしっかり整えることで、忠実に記事作成を遂行してくれます。

時間もかかり手間になる工程ではありますが、コストをかけ高品質な記事を外注するのであれば、自社の希望する細かな内容の提示、疑問点をすぐに解決するための体制、完了後の修正案件など、完成するまでの全てにおいて丁寧なサポートが重要と言えるでしょう。

コンスタントに連絡可能か?

スムーズに作業を行ってもらうためには、依頼をしたライターからの連絡にすぐに対応できるようにしておく必要があります。作業途中で疑問に思った事や内容の確認など、細かな部分を聞かれた際に時間をおかずにすぐ回答できるような体制は整っているでしょうか。

ここで連絡のやり取りが遅れてしまったりすると、作業の進みに影響が出てしまいます。また、依頼した内容や設計図の詳細を社内で共有しておかなければ、質問に対する回答を、すぐに的確に出すことが出来なくなってしまうでしょう。

クラウドソーシングに登録しているライターの多くは、作業時間に制限のある方がほとんどで、いつでも作業を進められるという方の方が少ないのが現状となっています。そのため、いつでも連絡に対応できる体制を整えておかなければ、その分の作業時間が減ってしまい、進行具合も大幅に遅れてしまいます。「瞬時に対応できるような完璧な体制」とまでは難しいですが、できる限りコンスタントに連絡が取れるようしっかり整えておくことが必要です。

業務進行は計画性があるか?

記事執筆代行を依頼する際には、大まかでも完成までの期日を設定しておく必要があります。しかし、必ずしも納期までに完成できるかどうかは分かりません。多くのライターはしっかりと期日を守ってくれる方ばかりではありますが。

事情により作業時間が少なくなってしまったり、体調を壊して業務をお休みしてしまうといった場合もあるでしょう。業務進行の計画は、イレギュラーの事態が起こった際の対応についてもしっかりと決めておく必要があります。

期日に間に合わなかったら・期日より早ければ・修正に時間がかかってしまったら、など、様々な事態の場合の計画を準備しておかなければ、納品期日と実際の納品時期とのずれが生じた場合に、全体の業務にも影響が出てしまいます。

いくらライターが優秀で高品質な記事を作成してもらえたとしても、企業側の業務計画がしっかりしていなければ、スムーズな進行をすることはできません。スキルの高いライターを探すだけではなく、企業側のサポート体制、業務計画をしっかりと準備してきましょう。

不安・心配があればライティング専門業者へ

このように、優秀なライターを見つけたとしても、そのライターが依頼した仕事に対して責任をもって作業に取り組んでくれるのか、経歴や実績に嘘偽りはないのかなどという不安要素が生じます。また、ライターが優秀であっても、自社との相性なども関係してきます。

更に企業側も、様々な準備やサポート体制が必須となってくるでしょう。優秀なライターを見つけることが出来たとしても、発注に関するスキルが自社に不足している場合、スムーズな業務を行うことが難しくなります。

必要なサポート体制が整えられていなければ、様々なトラブルが生じる可能性が大きくなります。クラウドソーシング記事執筆代行を依頼したことにより、他業務に支障が出てしまえば本末転倒です。

少しでも不安や心配に思う部分があるならば、クラウドソーシングへの依頼ではなく、ライティング専門の業者に発注をした方が確実でしょう。外注が初めての場合やライター選別に不安があるならば、可能な限りは専門業者へ依頼した方が安心感が強くなります。

専門業者では、適切な料金設定や様々なサービス、細かな条件などがしっかりと決められており、また、全てのライターがプロとして様々な実績のある方ばかりです。一番の不安要素であるライターの仕事に対する責任感、過去実績や本来の実力などは全て保証されています。

クラウドソーシングで依頼するよりもコストがかかるというデメリットはありますが、高品質な記事を期日までに確実に納品してくれるため、業務進行計画も滞りなく進めることが出来るでしょう。

Leave a reply:

Your email address will not be published.

Site Footer