【2021年SEO対策トレンド:コアウェブバイタル&ページエクスペリエンスの最適化】重要あなたが知る必要がある10のポイント

SEO対策相談所がご紹介する、2021年のSEO対策トレンドの第4弾は『コアウェブバイタル&ページエクスペリエンスの最適化』です。すでにコアウェブバイタルやページエクスペリエンスがSEO対策に必要な要素だとご存知の方も世界的に有名な海外のSEO対策の専門家のコメントを交え紹介していますので復習を兼ねてチェック下さい。

トレンド#4:コアウェブバイタル&ページエクスペリエンスの最適化

Googleが2021年にSEO対策のランキング要因としてCore Web Vitalsを導入することで、ページエクスペリエンスへの対応と最適化はもはや無視できないと、Zoopla SEOマネージャー Areej AbuAli氏は述べています。

Zoopla SEOマネージャー Areej AbuAli氏

image 3

“ウェブサイトや企業は、競合他社に遅れを取らないようにするために、コアウェブバイタル&ページエクスペリエンスの最適化のために優先順位をつける必要があります。”

引用:Areej AbuAli Twitter

“LighthouseやCrux APIなどのツールを介して提供されるインサイトの情報を最大限に活用してください。ページの速度、モバイルフレンドリー、レンダリング、画像の最適化、セキュリティプロトコルなど、すべてを最適化する必要があります”

引用:Areej AbuAli Twitter

とAreej AbuAli氏は述べています。

BuiltvisibleのテクニカルSEOコンサルタントであるレイチェル・コステロ氏

maxresdefault

BuiltvisibleのテクニカルSEOコンサルタントであるレイチェル・コステロ氏は、

“ページが検索エンジンのクローラーにとってアクセスしやすく、理解しやすいかどうかだけではなく、ページがユーザーにどのように感じさせるかを見なければならない。”

引用:Rachel Costello Twitter

と述べています。

ユーザー視点での最適化が必要

  1. ページの読み込みがどれだけ速く、スムーズになるか。
  2. ユーザーのインタラクションに対してページがどれだけ早くレスポンシブになるか。
  3. モバイルデバイス上でのウェブサイトの使いやすさと操作性。
  4. ユーザーがサイトを閲覧しているときのサイト接続の安全性とセキュリティ。

“これらのコアウェブバイタル&ページエクスペリエンスの最適化には、ユーザー中心のアプローチで最適化の取り組みを行うことが含まれています。

ページエクスペリエンスをSEOのワークフローに組み込むことは、来るべきアルゴリズムアップデートの前にウェブサイトのパフォーマンスとランキングを将来的に保証するだけでなく、今すぐにUXとコンバージョンを向上させるのにも役立ちます。”

引用:Rachel Costello Twitter

とCostello氏は述べています。

CVSのシニアアナリティクス コンサルタント、ジェス・ペック氏

第一弾:【2021年SEO対策トレンド:検索意図(インテント)】重要あなたが知る必要がある10のポイント

fNKLgDAFStz7vGp6VkVZLD square large

“Googleがあなたのサイトの最高のコンテンツにどこからでもアクセスできるようにする必要があります – そして、あなたのサイトが競合他社よりも測定可能なほど優れたユーザーインターフェースを持っていることを確認する必要があります。”

引用:CVS

とCVSのシニアアナリティクスコンサルタント、ジェス・ペック氏は指摘します。

“GoogleがCore Web Vitalsに力を入れていることは、どれだけ迷惑なサイトがあるかを測定し始めていることを示しています。だから、あなたのユーザーに快適な経験を与え、Googleはあなたのために同じことをします。”

引用:CVS

2021年SEO対策トレンド 記事一覧

第一弾:【2021年SEO対策トレンド:検索意図(インテント)】重要あなたが知る必要がある10のポイント

第二弾:【2021年SEO対策トレンド:顧客分析・顧客維持戦略・生涯価値】重要あなたが知る必要がある10のポイント

第三弾:【2021年SEO対策トレンド:ブランドSERPの最適化、ナレッジグラフ、エンティティ】重要あなたが知る必要がある10のポイント

Leave a reply:

Your email address will not be published.

Site Footer