【2021年SEO対策トレンド:ブランドSERPの最適化、ナレッジグラフ、エンティティ】重要あなたが知る必要がある10のポイント

SEO対策は、内部対策に外部対策として被リンク集めをすれば1ページ目への上位表示ができるといった時代はもう完全に終わりました。これから2021年に向けて、より検索ユーザーが洗練されるに合わせてGoogleも検索エンジンとしてユーザーに追いつかなければなりません。追いつけなければユーザーは離れてしまうからです。

今回は、そんな2021年のSEO対策のトレンドについてSEO対策相談所が第3弾ということで”ブランドSERPの最適化、ナレッジグラフ、エンティティ”をご紹介します。既にご存知の情報もあるかと思いますが。世界トップレベルのSEO対策のスペシャリストのコメントを用いてご紹介しております。

前回までの記事は、以下のリンクからご覧いただけます。12月4日のコアアルゴリズムのアップデートで検索順位が上がった方も、下がった方もいると思います。来年2021年からは、コアウェブバイタル(Core Web Vitals)への対応、最適化とやることが盛りだくさんですが。まずは2021年のSEO対策トレンドをイメージしながら準備、計画しましょう。

Kalicube.pro ブランド SERPスペシャリスト Jason Barnard氏

image 12
引用:Kalicube – making your Brand SERP work for you.

Kalicube.proのブランド SERPスペシャリスト Jason Barnard氏によると、2021年にはブランドSERPやナレッジパネルをトラッキングすることが当たり前になると言います。

あなたが誰であるか、何を提供するか⁉】ブランド、ブランディング、権威性

「2021年、エンティティベースの検索は、あなたが誰であるか、何を提供するかどのオーディエンスにサービスを提供するかをGoogleが自信を持って理解することから始まるという現実は、大きな牽引力を得るでしょう」とバーナードは述べています。

「知識豊富なマーケターは、ブランドをエンティティとして見ることに真剣に取り組み、ナレッジグラフでのプレゼンスを作成または改善することで、そのトリオの「あなたが誰であるか」についてのGoogleの理解に真剣に取り組み始めます。

SEO対策スペシャリスト Nik Ranger

maxresdefault 1
引用:nikrangerseo (@nikrangerseo)

SEO対策スペシャリストのNik Ranger氏は、2021年からパーソナライズされたナレッジグラフが表示されるようになると考えています。

誰が書いたか?誰が作ったコンテンツなのか!?

“Googleは、あなたや検索履歴、電子メール、ソーシャルメディア、その他のタイプのユーザー情報に非常に多くの情報にアクセスできるため、パーソナライズされたナレッジグラフをスケーリングする能力と手段を持っています。”とレンジャー氏は述べています。

“Googleがコンテンツから価値を認識する方法に加えて、コンテンツに対する著者の資格情報の正当性の関係を検証することは、これまで以上に重要になるでしょう。”

これは2021年のSEO対策にとっては、非常に重要で大きなヒントになるかもしれません。そして、何を意味するのでしょうか?

Conductorのデジタル戦略担当副社長であるPatrick Reinhart

image 9
引用:Conductor – Enterprise SEO Platform & Content Marketing Suite

Conductorのデジタル戦略担当副社長であるPatrick Reinhart氏は、ブランド全体のデジタルプレゼンス(例:YouTubeチャンネル、画像)とGoogleがそれらをどのようにフィーチャーするかを最適化することを意味すると答えています。

“最近では、ウェブサイトだけではなく、所有しているすべてのプロパティと、それらがSERP上でどのように相互作用しているかが重要になっています。”とラインハート氏は述べています。

「もし、それらが様々なスニペットを通して一堂に会した場合、あなたのブランドについての良いストーリーを伝えることができるでしょうか?

コンデナスト、グローバルオーディエンス開発戦略担当副社長/NewzDash.com創設者のジョン・シェハタ氏

image 13
いいnいんいんy引用:引用:NewzDash.com

SEO対策のプロはトピック(エンティティ、サブトピック)と自然言語処理(NLP)の背後にある複雑な概念を理解し、エンティティがGoogleのランキングでどのような役割を果たすかを理解しなければならないと付け加えています。

amp tactics from the cond nast seo team by john shehata sejsummit ny 5 638

“TF*IDFやキーワード頻度のことは忘れて、エンティティやトピックに焦点を当て、Google自然言語(および/またはNLP分析を提供する他の類似したSEOツール)の利用を開始してください」”

とShehata氏は述べています。

“検索エンジンは日に日に賢くなっており、そのようなクエリで使用されているキーワードを超えた範囲でクエリを十分に理解しています。”誤解しないでほしいのは、優れたキーワード調査は今でも必要だということですが、それは二の次で、クエリに関連するトピックやエンティティ、クエリの背後にある意図を理解することになります。

キーワードが全く関係ない場所の1つは、Google Discoverです。

Ringierのインターナショナルデジタルディレクター、Jes Scholz氏

image 14
引用:Ringier

つまり、Google Discoverの可視性を最適化する唯一の方法は、ナレッジグラフの中でエンティティを確立し、それがトピック層の中でどのように接続されているかを磨くことだと、Ringierのインターナショナルデジタルディレクター、Jes Scholz氏は述べています。

Jes Scholz氏が紹介する2021年に注力すべきSEO対策

Jes Scholz 1

“すべてのSEO対策のプロが取るべき最初のステップは、ナレッジグラフAPIでブランドの結果スコアを追跡することである “とScholz氏は言います。”そして、ナレッジグラフでの存在感を高めるために、優れたコンテンツ以外の活動にも取り組むべきである。

Scholz氏によると、2021年に注力すべき活動には以下のようなものがあるという。

  1. 完全で正しい組織のマークアップを確実に行うこと。
  2. Wikiデータなどの関連するナレッジベースでの存在感を確立すること。
  3. Googleの投稿機能を利用するためにナレッジパネルを主張する。
  4. ビジネスのために、あなたのGoogleマイビジネスプロファイルを設定します。

SEO対策トレンド 2021年 …次回は

SEO対策の2021年のトレンドの次回第四弾は、コアウェブバイタル&ページエクスペリエンスの最適化です。今年のSEO対策は、よりユーザービリティ、ユーザー体験、ユーザーの満足度を見直す原点回帰の年でもあるかもしれません。これはSEO対策の視点からだけではありません。

見やすく分かりやすい、UIデザイン。iPhoneなどのスマホ・モバイル端末からも即座にページを開き目的の情報へ到達できるページの表示速度を最適化などなど。コアウェブバイタル(Core Web Vitals)の各項目から照らし合わせてGoogleが求める最適化をしていきましょう。

2021年SEO対策トレンド 記事一覧

第一弾:【2021年SEO対策トレンド:検索意図(インテント)】重要あなたが知る必要がある10のポイント

第二弾:【2021年SEO対策トレンド:顧客分析・顧客維持戦略・生涯価値】重要あなたが知る必要がある10のポイント

第四弾:【2021年SEO対策トレンド:コアウェブバイタル&ページエクスペリエンスの最適化】重要あなたが知る必要がある10のポイント

Leave a reply:

Your email address will not be published.

Site Footer