【記事作成代行・外注のすゝめ】依頼先を決める13個のポイント

コンテンツマーケティングは、どこに外注したらいいだろう?

記事作成代行や外注先が多すぎて、どこが一番良いか分からない。。。

記事作成をこれから外注する企業様、また既に記事作成代行業者に依頼しているけどSEO対策やコンテンツマーケティングについての知識が無いため、新しい外注先を探しているご担当者様に向けどのようなポイントで外注先を選べばいいのか?SEO対策相談所の大森が、具体的にご紹介します。

得意分野や特徴などを把握

記事作成代行を依頼する場合、自社のジャンルに強い外注先を見つけることが大切です。ただ記事作成のプロにお願いすればそれで安心という訳ではありません。一般の人に比べると執筆スキルは非常に高いですが、求める専門性を見極めることでより質の高い理想通りの記事をお願いすることが出来ます。執筆者の得意分野などは、依頼先を決めるための重要なポイントとなるでしょう。

専門的知識があるか

様々なジャンルの中でも、特に執筆を担当する相手の最も得意とするものは何なのか、求めている専門性の高い内容が叶えられるのかなどは、依頼前にしっかりと確認を行ってください。記事作成代行業者では、執筆者の得意ジャンルや専門スキル、保有している資格などがあればそれらをミーティング時などにお知らせしてくれるところもあります。

また、実際にどんなことを経験したのか、どのくらいの専門的な知識があるのかなども伝えてくれるでしょう。個人ライターさんの場合では、自己紹介などで自分の得意とする分野や今までの学歴や職歴などから、どんなジャンルに携わってきたのかを明確にしてくれる方もいらっしゃいます。

このようなはっきりとした紹介を記載している方は、専門スキルを知るだけではなく、信頼できるかどうかの判断材料にもなるでしょう。ただ、こういった情報を見ただけでは一概に全てを信用すべきかどうかは決められません。求める専門的スキルを持っている方を見つけたら、細かく丁寧にミーティングを行い、どの程度の知識があるのかなどは、実際に聞いてみると安心でしょう。

誤った情報を発信しない安心はあるか

専門スキルが自社の従業員にない場合、書かれた記事がもし誤った情報であっても判断が付かないという場合があります。そのような記事をアップしてしまったら、会社の信頼も落ちてしまうでしょう。依頼先を決めるポイントの一つとして、どのくらいの実績があるのか、過去にどれほどの執筆をしたのかなどを知る必要があります。

依頼先によっては、実際に執筆した記事を見せてくれるところは少ないかもしれません。ですが、社歴が長かったり会社規模が大きい代行業者は信頼できる相手として考えてもいいでしょう。逆に社歴が浅く新しい業者の場合、少し注意が必要になるかもしれません。もちろん、歴史が短くてもしっかりとした会社は多くありますので社歴のみで決めることはできませんが、一つの判断材料としては大きな要因となってきます。

個人ライターさんの場合は、過去に執筆した記事も大切ですが、SNSなどのフォロワー数、執筆名の知名度なども重要なポイントとなってきます。誤情報を発信してしまわないよう、多くの依頼先の中から見極めるためにも、まう最初のミーティングを綿密に行い、信頼できる相手かどうかを吟味してください。

料金・実績は明確に出されているか

記事作成代行を依頼するうえで必ずかかるのが依頼料です。一般的には1文字単価で数えられ、記事の文字数に応じて金額が変わってきます。しかし、文字数だけではなく、内容の専門性の高さ、構成の作成など、依頼範囲によっても料金形態は変わってきます。また、代行業者や個人ライターの過去の実績も重要です。

先述した通り、実際の執筆した記事を見せてもらうというのは、他企業への守秘義務などもあるため難しいでしょう。依頼する際に遠くに気になる料金形態、代行業者や個人ライターのこれまでの実績は、本当に信頼できる相手なのかを判断する大きなポイントとなります。

項目ごとに分かりやすく設定されているか

記事作成代行業者の場合、HPなどで料金形態を詳しく掲載しているところもあります。一目で料金が詳しく掲載されている所は安心できる業者と思っていいでしょう。逆に、料金について一切記載されていなかったり、曖昧な表現や問い合わせしなければ分からないというような場所は、強制的に契約させられたり相場よりも高い料金だったりする場合がありますので注意が必要です。

個人ライターさんの場合では。1文字単価で代行執筆を行っていますが、中には相場よりも高く料金設定をしている方もいます。ウェブ上の知名度、専門性の高さを確認できれば妥当な金額かもしれませんが、中には虚偽の実績を掲載している方もいるので、必ずしっかりと下調べを行うようにしてください。

基本的には「1文字単価」「作業範囲」「依頼から納期までの期間」「記事のチェック体制」が明確にされているかがポイントとなります。問い合わせやミーティングよりも前に、まずは先に様々な業者やライターさんの提示している条件や料金形態などを見比べてみましょう。

SEO対策の経験と知識があるか

記事作成代行を依頼する多くの場合が、コンテンツマーケティングやSEO対策の強化を目的とした依頼がほとんどではないでしょうか。そういった場合、だた数多く記事をアップするだけでは結果は見込めません。コンテンツマーケティングを強化し、今以上の利益を出すためには検索エンジンなどでランキング上位になる必要があります。そこで必須スキルとなってくるのがSEOです。

SEO対策は、こうしたウェブ上での集客に欠かすことのできない部門であり、知識がなければ上手く活用することが出来ません。SEO対策の知識を意識した記事であれば、集客効果だけではなく、時間が経過してからも多くの人々の目に留まることが出来ます。代行業者、ライターを決める場合、このSEOに対する知識が豊富かどうかも判断基準のポイントとなるでしょう。

依頼先は業者?個人ライター?

記事作成代行は業者にお願いすべきなのか、個人ライターさんに依頼するべきなのか迷ってしまうという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。記事作成代行をお願いする場合、なるべく安くコストを抑えたい、とにかく大量の記事を生産してほしいなど、記事作成代行依頼に関する大まかな希望は企業により異なります。条件や内容がぴったりの依頼先を見つけるためには、自社はどこを重点的にして依頼先を探すのかをまずは明確にしましょう。

業者依頼のメリット

とにかく安心感があります。会社としてプロの方々が記事作成代行執筆を請け負ってくれるため、ある程度の品質の保証はされています。忠実に希望するような内容にしてほしい場合は、しっかりと事前にミーティングなどで意見を出せば期待以上のものを納品してくれるでしょう。また、オウンドメディアの目的、自社の売り込みたい製品などを共有することで、より双方で同じ方法を向いて記事の執筆をお願いすることが出来ます。

会社規模にもよりますが、執筆を担当するライターさんは複数名いるので、一人のスケジュールが埋まってしまっても政策がストップするという事はありません。確実に納期までに依頼した記事を製作してくれるでしょう。スケジュール通りに進めたい、安心して委託したいという方には、業者への依頼が最も安心で確実な方法と言えます。

業者依頼のデメリット

作業範囲などが細かく決められており、それにより執筆料金は大きく変わります。逆に言えば、しっかりとした料金形態がとれているともいえますが、ここはできる、ここはできない、という風に、1つの記事でも着手するまでに時間と手間がかかります。後々のトラブル回避のためにもしっかりとすり合わせをすべきですので、高い安心感はありますが、面倒と感じてしまう場合もあるでしょう。

また、記事作成代行業者の中には極まれに。自社の情報を流してしまうといった事案も発生するリスクがあります。滅多にないことではありますが、100%絶対にありえないという訳でもないので、信頼できる相手先をしっかり見極めることが最も重要となるでしょう。様々な業者を見比べ、料金だけでなく社内の執筆体制や守秘義務形態なども、優良業者かどうかを見極める判断材料となります。

質の高い記事と共に会社同士の深いつながりができる

SEOを意識した高い質の記事を望む場合は、やはりプロの業者にお任せをした方が結果的にコストを抑えることができます。また、記事作成代行業者の作成した記事を参考にし、自社社員のライティングスキルなども成長させていくことが出来るでしょう。上手く取り入れ活用すれば、コンテンツマーケティングの強化だけではなく会社の成長へとつながります。

そのためにもやはり信頼のおける業者や、今後も長く付き合っていけるような業者を見極めることが大切です。同様に、長く執筆代行を受けてもいいと思われるように、自社側もコミュニケーションを怠ることなく、情報共有などをする必要があります。会社同士のつながりが深まれば、後々非常に有効になっていくでしょう。

個人依頼のメリット

記事作成代行業者に比べ、安い単価で記事代行をお願いすることが出来るでしょう。個人でライター活動をされている方や、クラウドソーシングで見つける方など様々ですが、業者のような細かな料金設定、作業範囲などは基本的にありませんので、依頼をしてから一つに記事の着手に取り掛かるまで最短でお願いすることが出来ます。また、細かな取り決めや基本的な単価などはこちらから提示することもできますので、自社の条件にピッタリな方を探し出せるでしょう。

クラウドソーシングでは未経験の方やライター経験の浅い方などもいますが、そういった方の場合、プロとは違った斬新な見方や新しい切り口など、経験がないという事が強みになる場合もあります。SEOスキルや基本的な指示が出せる余裕がある場合は、こうした個人の方にお願いした方が、目新しいオリジナリティ溢れる記事を執筆し、他との差別化を図ることが出来るでしょう。

個人依頼のデメリット

信頼に値する人物かどうか、これまでの実績に虚偽がないか、しっかりと仕事として請け負ってくれるのかなど、人を判断する確かな洞察力がカギとなります。更に業者とは違い個人としての契約になるため、様々な取り決めなども必要となるでしょう。細かくこちらから提示する必要があり、お互い納得したうえで業務にあたるため、まずはこうした決めごとを説明する必要性があります。

また、クラウドソーシングなどでは副業などでライター活動をされている方もいます。そのため本業を優先したり、主婦の場合、家事や子供の世話をメインとしているため、空いた時間などで執筆活動をすることになります。ですので、必ずしも希望通りの期日に納品できない場合もあるでしょう。個人依頼はコストが抑えられる分、納品までに多少の余裕や、自社にコンテンツマーケテイングのノウハウがなければ厳しいかもしれません。

大量に様々なジャンルの記事を依頼でき、共に成長できる

個人依頼の場合、人により得意なジャンルや苦手意識のあるものなどがありますが、ほとんどがどんなジャンルでも記事執筆を依頼することが出来ます。これは業者も同じですが、個人の場合、自分の感性や直感的におもったことなどを素直に記事に載せることで、プロの記事とは違う一味変わった内容のものが出来上がるでしょう。

また、SEO対策を意識した内容に自社で修正が行えるのであれば、とにかく大量に様々な記事を作成してもらうことで、スムーズなコンテンツのアップが可能になります。数をこなせばライターさんのスキルは上がり、段々質の高い記事を執筆してくれるようになります。また、SEOコンテンツなどを自社で行えば社員教育にも繋がり、ライターさんと共に成長していくことで一体感が生まれてきます。

業者依頼でも個人依頼であっても、どちらにもメリット・デメリットは存在します。記事代行をお願いすることにより一番何を期待するかをまず明確にすることが大切です。SEOコンテンツを重視するか、とにかくたくさんの記事を作成してもらうことが目的なのかで選択方法は変わります。

コストや専門知識など気になる部分は多くありますが、まず一番は、代行依頼によって何を望むのかを明確にすることが、依頼先を失敗しない一番の近道になるでしょう。

Leave a reply:

Your email address will not be published.

Site Footer