【#Apple検索エンジンの布石】Google検索エンジンとアルゴリズムに代わるものを開発しています。

#Apple検索エンジンの布石

SEO対策にとって、Googleが欠かせない理由は今でもユーザーの情報収集の入り口がキーワードで検索する。いわゆるGoogleでググって情報を調べるからである。現在でもGoogleのシェアは、8割近い圧倒的な強者である。事業における強者の戦略が取れるのも7割、8割超えたらと言われているので検索エンジンシェアにおけるGoogleは圧倒的な強者ともいえる。

本記事では、そんなGoogleの検索エンジンシェアを奪い取ろうと画策し水面下で特許出願どころか非常に重要な検索エンジンアルゴリズムの一部を特許取得完了し着実にシェア奪還の布石を打ってきているAppleの動向を紹介し2021年のSEO対策・検索エンジン対策の行く末を考えるヒントとしてもらいたい。

2020年検索エンジンのシェア

以下に簡単に現在の検索エンジンのシェアを紹介する。

image 15
引用:Statcounter

こちらのパソコン、スマホと全デバイスにおけるシェアを見て頂きたい。多少の推移はあるものの2019年代から約8割近くを推移しており2位のヤフーに対して3倍近くの開きがある。ほぼGoogle一強と言って良い数値でMicrosoft率いるBingでさえも圧倒的な差を開かれ追いつくどころか3位に甘んじている。以下にデスクトップ、タブレット、モバイルの検索エンジンシェアを紹介する。

デスクトップ(PC・パソコン)の検索エンジンシェア

image 16
引用:Statcounter 検索エンジンシェア デスクトップ

タブレット(ipad・Galaxy Tab)の検索エンジンシェア

image 17
引用:Statcounter 検索エンジンシェア タブレット

モバイル(スマホ・携帯)の検索エンジンシェア

image 18
引用:Statcounter 検索エンジンシェア モバイル

とはいえ、検索エンジンがGoogle出なければならない理由は意外と少なかったりもする。そこを狙っているのがApple(アップル)なのである。当然、あのMicrosoft(マイクロソフト)でさえも崩せなかった牙城、、Google。いくらスマホシェア約50%のiPhoneを抱えるAppleといえどもそう簡単にはいかないだろう。

という我々の思惑を覆すべく、着実に布石を打ち続けているAppleの知財、特許取得のニュースをご紹介する。

AppleがGoogleを脅かす特許取得!?

10月下旬に海外大手ニュースサイトでは、米国の独占禁止当局がGoogleがiPhone上の検索エンジンのプライムプレイスメントを確保するために毎年行う数十億ドル(数千億円)の支払いを指摘しているように、Appleが独自の検索技術を開発するための取り組みを強化していたことが報告された。

The Financial Postは “iPhoneのオペレーティングシステムの最新バージョンに少し目立たない変更で, iOS 14, Appleは、独自の検索結果を表示し、ユーザーがホーム画面からクエリを入力すると、Webサイトに直接リンクするようになった。”と指摘する。

そのウェブ検索機能は、Appleの社内開発の重要な進歩を示しており、Googleの検索エンジンシェア侵略への本格的な攻勢の基盤を形成する可能性がある。業界内のリーク情報によると、規制当局がGoogleとの有利なパートナーシップを阻止した場合、同社の成長している検索エンジン機能は、代替手段となる。

グーグルの元エンジニアリングチーフで、現在はシリコンバレーの投資家セコイアキャピタルのパートナーであるビル・クーグラン氏

image 19
引用:セコイアキャピタル

グーグルの元エンジニアリングチーフで、現在はシリコンバレーの投資家セコイアキャピタルのパートナーであるビル・クーグラン氏は、

彼ら(アップル)には信頼できるチームがあり、もし彼らが望むなら、より一般的な検索エンジンを構築するための経験と深みを持っていると思う

引用:ビル・クーグラン氏

と述べています。

フィナンシャル・タイムズ誌もAppleの動向に注目!?

さらに重要なのは、おそらく、フィナンシャル・タイムズが指摘している “Appleが頻繁に行っている検索エンジニアの求人広告は、候補者を “Appleの画期的な検索技術のアーキテクチャを定義し、実装する “という野心に欠けるものではない “としていることだ。”

この件については、ロンドンのティム・ブラッドショー氏とサンフランシスコのパトリック・マクギー氏によるフィナンシャル・タイムズのレポート全文をお読みください。

そして先日、米国特許商標庁は、Appleが独自のウェブブラウザを開発している可能性があるという議論の信憑性を高める特許をAppleに正式に付与した。

Appleが取得した検索エンジンについての特許全貌

6a0120a5580826970c0263e982d1a2200b 600wi
引用:patentlyapple.com

上のAppleの特許FIG.2は、ドメインの影響力スコアを生成することができるシステムの例を示しており、FIG.3は、方法を例示するフローチャートである。Appleの特許図2と3は、ドメインベースの影響力スコアリングをカバーしている。

アップルの特許には、1つ以上のデータ処理システムに記憶された情報の検索が、検索結果に非常に多くの項目のセットを生成することが記載されている。例えば、以下のようなものである。

専門用語が多いため、分かりやすく言うとGoogleのページランクの仕組みをAppleが特許として取得したとイメージしてもらうとイメージしやすい。

インターネット上の情報を検索すると(例:BingやYahoo、Googleなどを使ったウェブ検索)、検索結果に数千もの項目(例:ウェブページ)が含まれる検索結果のリストが表示されることがよくある。

検索結果を返すデータ処理システムは、検索結果をユーザにとってより有用なものにするために、項目(例えば、ウェブページ)を特定の順序でリストに表示させるランクまたはスコアに基づいて、検索結果をソートまたはランク付けする。

検索結果内の項目の並び替えに使用される項目のスコアは、その項目を提供するドメインの影響力スコアに基づいてもよく、検索結果内の各項目は、検索結果内の項目の順位付けまたは並び替えに使用される影響力スコアを有していてもよい。

検索結果を返すシステムは、ドメインへのリンクの分析に基づいて開発されたこれらの影響力スコアを利用している。影響力スコアは、ウェブページなどの項目を提供するドメインのコーパス内の各ドメインにデフォルトの最小影響力スコアを割り当てることによって開発され、その後、ドメインへのリンク数に基づいてデフォルトの最小影響力スコアが更新される。

他のドメインにリンクしているか、または他のドメインにポイントしているドメインは、影響力スコアを更新するプロセスの間に、影響力スコアの一部を他のドメインに寄付するか、または寄付する。

影響力スコアを更新する最終結果は、すべてのドメインが正の(ゼロではない)影響力スコアを有し、一部のドメインが他のドメインよりも有意に高い影響力スコアを有するデータセットを生成する。

アップルの発明は、影響力スコアを作成するプロセスをカバーしており、影響力スコアを作成するプロセスは、すべてのドメインのサブセットのみについてドメイン影響力スコア作成システムを初期化することによって開始することができ、特に、システムは、他のすべてのドメインがゼロの初期影響力スコアを有する間、サブセット内の各ドメインに所定の初期影響力スコアを割り当てることによって初期化することができる(そして、これらのドメインは、重要な「信頼される」ドメインとして手で選択することができる)。

Appleの付与された特許はまた、検索結果のランク付けに使用できるドメイン影響力スコアを作成するための一実施形態の方法をカバーしている。

さらに、方法はまた、ドメインのブラックリストを生成することを含むことができ、ここでいう、ブラックリストは、すべてのドメインの影響力スコアを更新するプロセスの間に使用され、ブラックリストは、ブラックリストとされたドメインのリストを含む。

最後に、アップルは、本特許に記載されているシステムおよび方法は、汎用コンピュータシステム、特殊目的コンピュータシステム、または汎用コンピュータシステムと特殊目的コンピュータシステムのハイブリッドを含む、様々な異なるデータ処理システムおよび装置に実装することができることに留意している。

例示的なデータ処理システムには、サーバシステム、デスクトップコンピュータ、ラップトップコンピュータ、組み込み電子デバイス、または民生用電子デバイスが含まれる。

詳細については、アップル社の特許10,872,088を参照してください。

Leave a reply:

Your email address will not be published.

Site Footer